北帰行 (新装版)

個数:
電子版価格 ¥1,728
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

北帰行 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月24日 02時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 249p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309022949
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

暗闇から抜け出ようとするその列車のように、私もまた暗い二十歳から抜け出ようとしていた。北海道の炭鉱町から東京に集団就職した私。だが工場の同僚との諍いで、職を失ってしまう。やがて私は石川啄木の足跡をたどり、ふるさとへ向かう―1976年度文藝賞受賞の文学史に輝く伝説的名作。

著者等紹介

外岡秀俊[ソトオカヒデトシ]
1953年、札幌市に生まれる。76年、東大在学中に書いた『北帰行』で、第13回文藝賞を受賞し、デビュー。同じ年にデビューした村上龍とともに、その才能は大きな注目を集めた。77年、朝日新聞社入社と同時に小説活動を休止していたが、退職後、2014年に、中原清一郎名義で、小説『カノン』を発表。現在、中原清一郎名義で小説家として、また引き続き外岡秀俊名義でジャーナリストとして活躍する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

北海道の炭鉱町の中学卒業後、集団就職した私。だが五年後、挫折した私は、啄木の軌跡を辿りながら帰郷への旅路につく…伝説的名作。

【著者紹介】
1953年札幌市生まれ。76年、東大在学中に書いた『北帰行』で第13回文藝賞を受賞。現在、中原清一郎名義で小説家として、外岡秀俊名義でジャーナリストとして活躍。最新小説として『カノン』がある。