「うまい!」と言わせる文章の裏ワザ

電子版価格
¥1,232
  • 電書あり

「うまい!」と言わせる文章の裏ワザ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309022840
  • NDC分類 816
  • Cコード C0030

出版社内容情報

作文研究の第一人者が「起承転結を意識する」など“巷にあふれる偏った文章ハウツー”を徹底検証。本当に役立つ文章術が身につく本!

【著者紹介】
1969年、大阪府生まれ。言語学者、日本語学者。一橋大学社会学部卒業、早稲田大学文学研究科博士後期課程修了。著書に『文章は接続詞で決まる』(光文社)などがある。

内容説明

うまい文章は、文章術の定石を超えた技法なしには書けない。ルールに縛られずに自分の頭で「どう表現するか」を考えるとき、33の裏ワザが、力強い武器となる。言葉の創造性を手に入れるための、異色の文章読本!

目次

1 文法のルール―その定石と裏ワザ(テニヲハはきちんと守る;「~をしたい/~をできる」は使わない ほか)
2 文末のルール―その定石と裏ワザ(文末の時制は統一する;受身の表現は避ける ほか)
3 語彙のルール―その定石と裏ワザ(文章では話し言葉を使わない;漢語を使うと文章が硬くなる ほか)
4 表記のルール―その定石と裏ワザ(漢字が少ないと読みにくい;迷ったら平仮名がよい ほか)
5 構成のルール―その定石と裏ワザ(接続詞は前後の文の関係を示す;接続詞は文章を読みやすくする ほか)

著者等紹介

石黒圭[イシグロケイ]
1969年大阪府生まれ。神奈川県出身。一橋大学国際教育センター・言語社会研究科教授。一橋大学社会学部卒業。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。専門は文章論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。