ゆずこの形見

個数:

ゆずこの形見

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年05月30日 15時24分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 186p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309022796
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

妻が出張先のホテルで死んだ。男との浮気旅行だった。残された夫は、妻の本心を探るため不倫相手と会うが……芥川賞作家の最高傑作!

【著者紹介】
1971年、兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。『助手席にてグルグル・ダンスを踊って』で第32回文藝賞受賞。各紙誌で絶賛され話題となった。「八月の路上に捨てる」が第135回芥川賞受賞。著書に『17歳のヒットパレード(B面)』『卒業式はマリファナの花束を抱いて』『ロスト・ストーリー』など。

内容説明

妻が出張先のホテルで死んだ。じつは男との浮気旅行だった。冷凍庫には妻から送られたカニが遺された。残された夫は、妻の本心を探るため浮気相手に会いにいくが…芥川賞作家の新たな名作!

著者等紹介

伊藤たかみ[イトウタカミ]
1971年兵庫県生まれ。95年『助手席にて、グルグル・ダンスを踊って』で第32回文藝賞を受賞しデビュー。2000年、『ミカ!』で小学館児童出版文化賞、06年『ぎぶそん』で坪田譲治文学賞。『八月の路上に捨てる』で芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

282
【ゆずこ】いろんな意味で、今の私の心情にこれほど寄り添ってくれる作品もなかったろう。私はゆずこであり、太一でもある。ちまちました小皿のお料理を作りたくなった。【夢見】男女が別離に向かっていく作品はどうしても好きになれない。それがお互い納得して手順を踏むためのものであったとしても、読んでて心が痛くなる。彼らがまだ若いってことだけが救い、ですかね。はぁぁ。2016/08/08

おしゃべりメガネ

202
いいなぁ~、伊藤たかみさんの文章は。特に何がというワケではなく、この魅力を伝えるのには正直、本当に言葉を選ぶのに悩んでしまいます。特別に心理描写が秀でているワケでもなく、情景描写がココロうつワケでもなく、大きな感動やハラハラする展開が繰り広げられるワケでもないのですが、どういうワケか作者さんの描く‘至って普通のごくありふれた日常’にすっかり魅せられています。妻が出張先で亡くなり、しかもホテルで浮気相手と一緒だったということを知らされた夫と一人息子の再生がジワりと沁みてきます。読みやすさが一番の理由かも。2016/01/28

hit4papa

105
不倫旅行の末急死してしまった妻。幼い子と残された主人公の夫は、妻のお土産の冷凍庫の蟹を間男に形見わけしようと画策します。死生観を織り交ぜつつも、語り口からかドロドロ感皆無です。ほのかにビターな余韻が残ります。収録された「夢見入門」は、性交痛を患う大学生とその彼女の物語。本好きの二人が同棲を解消する夜の、お互いの本を仕分けするシーンが良いですね。タイトルは、怪しげな本の名前で、「ゆずこの形見」でも登場し、主人公らに気づきを与えるという趣向です。学生の頃を思い出してほろっときちゃいました。傑作です。2022/03/09

taiko

79
妻が死んだ。突然、知らない男性と一緒に行った旅行先で。冷蔵庫の中には、たくさんの作り置きのおかずと毛ガニが1杯残されている。…妻ゆずこの残したおかずを消費していくことで、妻とのことを自分なりに片付けていこうとする夫の気持ちが切ない。残されたカニの中に、不倫をしながらしっかり家計簿をつけるゆずこという不条理な女が、カニミソとして住みついている、と言うフレーズが著者っぽく、そのカニを間男に食べさせるという仕返しを成し遂げ、晴れて踏ん切りがついた太一が嫌いになれなかった。伊藤たかみさん、やっぱりすごく好きです。2017/01/03

じいじ

79
悲しい題材なのに、何とも言えぬ心地よさで読み終えた。主人公は、亡きゆずことその夫、そして長男裕樹の三人。助演は妻が残した冷凍カニ(妻の形見)。ゆずこが旅先のホテルで急死。男と一緒だった。唐突過ぎる妻の死、その妻を恨み憎む心と、忘れられない妻への感謝と想い出の狭間で揺れ動く太一の心情を、丁寧に描きつづられた物語に心が打たれる。時折顔を出すピリッとサビの利いた皮肉の言葉が笑いを誘う。上等なスルメを噛みしめた時のように、ゆっくり味わうといい味が滲み出てくる素敵な小説です。形見の冷凍カニが好演技をみせてくれます。2015/08/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8030062
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。