スタッキング可能

個数:

スタッキング可能

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年02月27日 16時49分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 187p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309021508
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

“あなた”と“私”は入れ替え可能?小さかろうがなんだろうが希望は、希望。

著者等紹介

松田青子[マツダアオコ]
1979年兵庫県生まれ。同志社大学文学部英文学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

431
松田青子は初読。そればかりか、つい先ごろまで名前も知らなかった。初読の第一印象は「軽やか」、「クール」といったところ。対人や周縁の環境からは常に距離が置かれている。「個」は、あえて声高に主張されることはなく、そのようなことは問われないかのようにも見える。文体は、同人誌のそれのようで、良くも悪しくも素人っぽさを残す。限定された対象に発せられたメッセージだとも言えるだろう。それが、読者層をある程度固定化させているのだろうが、その殻を突き破った時、新たな地平が開けるのか、それとも平板化するのか。未知の魅力あり。2016/10/12

めろんラブ 

191
けれん味たっぷりにシュールな世界を魅せるに留まらず、小説として成立させるべく生真面目な誠実さが際立っている。松田青子さんは企てている、仕掛けている。オモシロを自認しつつ、それに酔わず流されず、客観性を備えた作品に仕上げようと格闘した形跡がいとおしい。本作でデビューとのこと。今後功成り名遂げるか、こちらを読む限り未知数だが、自らのオリジナリティーを全力で信じているかのようなこの処女作の輝きには、やはり全力で圧倒されるより他ないと思ってしまう。2014/05/07

風眠

152
本を開いて、まずパッと思ったのは「何だか見た目がオシャレっぽい」ということ。表題作の章立てが、あるオフィスビルのエレベーター表示のイラストになっていて、2Fなう的な感覚になれるしかけが面白い。ひがみ全開の『ウォータープルーフ嘘ばっかり!』と『ウォータープルーフ嘘ばっかり!じゃない』の二篇が最高だった。アラフォー女子の不毛な抵抗が痛々しくて可愛くて、それでなんか、なんだか、おかしい。シュールだけどコントみたいで、どうでもいいような、よくないような、そんな会話に気づけば巻き込まれてる。こういうの嫌いじゃない。2013/04/01

なゆ

130
うお~、なんだコレへんてこ面白い!!とあるオフィスビルで働く人々のありふれた風景なんだけど、名前はアルファベットで記号みたいだし、ひとすじ縄では読めない感じ。脳内に〝?〟やら〝!〟やらチカチカさせながら読み進むと、面白いように見えてくる法則やら関係性。オフィスのあるあるもいっぱいで楽しめる。それぞれの本音のつぶやきには、なかなか鋭いあれやこれや。話のリズムといい清々しい潔さといい、すごいなあ松田青子さん!3つの話の間の、箸休め的文章?コント?「ウォータープルーフ嘘ばっかり!」がこれまた面白すぎ★2013/05/16

ナイスネイチャ

124
図書館本。なんなんだ!?今まで読んだことがないこの世界観。どんな作品?と聞かれても説明できないし、オススメもできないかな。ただ好きですはまります。働く女性目線の部分があり、現実こんな感じなのかなぁと。2014/07/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6009045
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。