異性

個数:
電子版価格 ¥1,188
  • 電書あり

異性

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年03月29日 14時18分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309021041
  • NDC分類 914.6

内容説明

好きだから許せる。好きだけど許せない。カクちゃん&ほむほむの恋愛考察エッセイ。

目次

「好き」と言うハードル
内面か外見か
おごられ女、割り勘女
運命の分かれ目
女は変化をおそれ、男は固定をおそれる?
絆への思い
感情移入の男女差
女は非日常体験を求めているか
「好きな人」「まあまあ」「眼中にない人」
もてるための努力が恥ずかしい〔ほか〕

著者紹介

角田光代[カクタミツヨ]
1967年、神奈川県生まれ。小説家。90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞、96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞を受賞

穂村弘[ホムラヒロシ]
1962年、北海道生まれ。歌人。2008年『短歌の友人』で伊藤整文学賞、「楽しい一日」で短歌研究賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

好きだから許せる? 好きだけど許せない? 男と女は互いにひかれあいながら、どうしてわかりあえないのか。カクちゃん&ほむほむが、男と女についてとことん考えた、恋愛考察エッセイ。