野良猫ケンさん

個数:

野良猫ケンさん

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 187p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309020457
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

愛猫アブサンの死から15年。作家の庭には、常連の猫たちが勝手気ままに訪れるようになった。猫たちとの芝居心を道づれにしたつきあいの日々を通し、ありのままの生と老いの宿命を見据える感動の書き下ろしエッセイ。

目次

袖萩の時代
ケンさんの登場
アブサンものがたり
外猫という智恵の領域
吾輩は外猫である
レオンのモンロー・ウォーク
シャラランの受難
ケンさん籠猫となる
椿姫と椿三十郎
嫉妬あそび
ケンさん犬小屋へ入る
カンニング的余り風
ケンさんの結界
逆転の構図
深傷と鼾
フェイド・アウト

著者等紹介

村松友視[ムラマツトモミ]
1940年、東京に生まれる。慶応大学文学部哲学科卒業。出版社勤務を経て、文筆活動に入る。1982年、『時代屋の女房』で第八七回直木賞、97年、『鎌倉のおばさん』で第二五回泉鏡花文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

秋製 

37
作家さんを教えてもらいいました。タイトルにあるように「野良猫」特にケンさんの話がメイン。著書の「アブサン」物語の一部も載っている。松村さんは落語や歌舞伎、時代劇などがお好きなのだと思った。本書によく登場していたからである。2013/06/08

Maiラピ

12
村松 友視さん初読。なんかほのぼの系で、そこに野生の厳しさや死生観などがチラホラ。・・・だけど、私は比喩や暗喩が自分の琴線がふるえたり、鳴ったりする文章が好きなのですが、著者の文はそうではありませんでした。たぶんもう手に取らないな。2011/08/10

きゃらぶ

11
前半は「アブサン物語」と重複してるなと感じた。しかし除々に読み進めていくと、作者の亡きアブサンへの想いが強く感じられ、そして野良猫達に対する“野良という誇り”みたいなものを崩さず見守っていく姿に心を打たれた。私も現在、家猫が1匹・気にしてる野良猫が2匹いる。野良猫は「かわいそうだ」と決めつけている所があったけど、この本を読んで野良には野良の生き方があるという事に気づかさせてもらった。野良猫ケンさんはその後どうなったのか。作者と同じく「どこかでひっそりと復活の準備をしている」と思いたい。2012/11/30

清少納言

5
家のガラス戸の外で織り成す外猫の盛者必衰を、ここまで仁義に溢れた交流を持ってしてみせる作者に、ただただ感服致す。野良猫や外猫と向き合ったことのない私にとって、それは新たな世界であり、いつか庭を持つ家をもったら、私も外猫と心を通わせてみたいと思わせた。それにしても、外猫の世界も、諸行無常である。ただ春の夜の夢の如し。2014/01/09

Maki Uechi

4
★★★☆☆ 我が家にもケンさんのような外猫さんがいました。白に黒ぶちの体の大きな雄猫で長いことボスとして君臨。ふてくされてぶうたれているような顔だったので「ふてぶう」と名付けていました。そしてケンさんのように年老いてそれから姿を見せなくなりました。読みながらケンさんとふてぶうを重ね少し胸が苦しくなりました。村松さんの外猫さんとの付き合い方に強い共感を覚えます。2016/11/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3299757

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。