きもので読む源氏物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309019796
  • NDC分類 913.36
  • Cコード C0095

出版社内容情報

貴人たちの生き方は、その着るものにこめられていた。「きもの」を鍵に、物語の行間に秘められた“心”を解読する、絶好の案内書。『源氏物語』をより理解したい人のために。

内容説明

貴人たちの生き方は、その着るものにこめられていた。「きもの」を鍵に、物語の行間に秘められた“心”を解読する、絶好の案内書。

目次

夕顔と空蝉
光の君の大君姿
婚礼の花嫁たち
細長の魅力
帝のお召もの
光の君の衣配り
女楽の夜
重袿をつくる
尼姿
宇治姫
男たちのおしゃれ
少女たちの晴と褻
移り香
裳のロマン
貴人たちの旅姿
平安の華 出衣のこと
かさねの色
夏ごろも
扇のいろいろ
庶民は何を着ていたか
衣紋の周辺
色と遊ぶ王朝人
『源氏』の恋文
絵巻を見る

著者等紹介

近藤富枝[コンドウトミエ]
1922年、東京生まれ。作家。東京女子大学卒業。旧文部省、NHK、武蔵野女子大学などに勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。