膵癌診療ガイドライン〈2019年版〉 (第5版)

個数:

膵癌診療ガイドライン〈2019年版〉 (第5版)

  • ウェブストアに148冊在庫がございます。(2019年10月18日 20時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 328p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784307204002
  • NDC分類 493.47
  • Cコード C3047

目次

本ガイドラインについて(本ガイドラインの目的;改訂の目的 ほか)
CQ・ステートメント・明日への提言一覧
総論(診断;外科的治療法 ほか)
アルゴリズム(膵癌診断のアルゴリズム;膵癌治療のアルゴリズム ほか)
各論(診断法(Diagnosis)
治療法(Treatment))

出版社内容情報

今版では、すでに臨床現場でコンセンサスが確立している事項は新設した「総論」の章で解説し、議論の余地が残る重要臨床事項は「各論」の章でこれまでと同様にCQを設定するよう、全体の構成を変更した。各論では「切除可能境界膵癌の治療法」の項目を新設したほか、膵癌診療を取り巻く状況の変化に対応して新しいCQ・コラムが追加されている。実地臨床に即した指針を提示した、待望の改訂版。

目次
利益相反(COI)の開示
推奨決定会議における投票の棄権
総論・CQ・コラム担当者一覧
略語一覧

本ガイドラインについて

CQ・ステートメント・明日への提言一覧

総論
 1. 診断
 2. 外科的治療法
 3. 補助療法
 4. 放射線療法
 5. 化学療法
 6. ステント療法
 7. 支持・緩和療法

アルゴリズム
 膵癌診断のアルゴリズム
 膵癌治療のアルゴリズム
 膵癌化学療法のアルゴリズム

各論
I 診断法(Diagnosis)
 1.診断法(Diagnosis)〔D〕
  A. 存在・確定診断(Detection)〔D〕
  DD1 膵癌を疑った場合の検査法
  DD1-1 膵癌を疑った場合、USは診断法として推奨されるか?
  DD1-2 膵癌を疑った場合、造影CTは診断法として推奨されるか?
  DD1-3 膵癌を疑った場合、腹部MRIは診断法として推奨されるか?
  DD1-4 膵癌を疑った場合、EUSは診断法として推奨されるか?
  コラム1 日本膵臓学会の家族性膵癌レジストリ
  DD2 膵癌を診断するための次のステップ
  DD2-1 膵癌を診断するための次のステップとしてERCPは推奨されるか?
  DD2-2 膵癌を診断するための次のステップとしてPETは推奨されるか?
  DD3 確定診断
  DD3-1 細胞診、組織診は膵癌の確定診断法として推奨されるか?
  DD3-2 腫瘤が認められる場合には、EUS-FNAは病理診断法として推奨されるか?
  DD3-3 腫瘤はみられないが膵管の異常所見が認められる場合、ERCPを用いた膵液細胞診は推奨されるか?
  コラム2 病診連携を生かした膵癌早期診断
  
  B. 病期・切除可能性診断(Staging)〔Sg〕
  DSg1 膵癌の病期診断・切除可能性の評価
  DSg1-1 造影MDCTは膵癌の病期診断・切除可能性の評価に推奨されるか?
  DSg1-2 腹部MRIは膵癌の病期診断・切除可能性の評価に推奨されるか?
  DSg1-3 EUSは膵癌の病期診断・切除可能性の評価に推奨されるか?
  DSg1-4 PETは膵癌の病期診断に推奨されるか?
  DSg1-5 審査腹腔鏡は膵癌の病期診断・切除可能性の評価に推奨されるか?
  DSg2 膵癌患者の術前に血液生化学的所見を組み合わせた栄養評価や体組成(筋肉量や脂肪量など)の評価を行うことは推奨されるか?

II 治療法(Treatment)
 1.切除可能(Resectable)膵癌の治療法〔R〕
  A. 外科的治療法(Operation)〔O〕
  RO1 膵癌では手術例数の多い施設で外科的治療を受けることが推奨されるか?
  RO2 腹腔洗浄細胞診陽性膵癌に対して外科的治療は推奨されるか?
  RO3 膵癌に対して門脈合併切除は推奨されるか?
  RO4 膵癌に対して予防的拡大リンパ節・神経叢郭清は推奨されるか?
  RO5 膵頭十二指腸切除術の適応のある浸潤性膵管癌に対して、腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術は推奨されるか?
  RO6 膵体尾部切除術の適応のある浸潤性膵管癌に対して、腹腔鏡下膵体尾部切除術は推奨されるか?
  RO7 膵癌切除後の長期にわたる定期的な経過観察は推奨されるか?
  RO8 膵癌切除後の周術期における栄養療法(経腸栄養療法)は推奨されるか?
  RO9 80歳以上の高齢者膵癌に対して外科的治療は推奨されるか?
  RO10 膵癌に対してR0切除のための膵全摘術は推奨されるか?
  
  B. 補助療法(Adjuvant)〔A〕
  RA1 切除可能膵癌に対して術前補助療法は推奨されるか?
  RA2 膵癌の術後補助化学放射線療法は推奨されるか?
  RA3 膵癌の術後補助化学療法は推奨されるか?

 2.切除可能境界(Borderline Resectable)膵癌の治療法〔B〕
  B1 切除可能境界膵癌に対して外科的治療は推奨されるか?
  B2 膵癌に対して動脈合併切除は推奨されるか?
  B3 切除可能境界膵癌に対する術後補助化学療法は推奨されるか?

 3.局所進行切除不能膵癌の治療法〔L〕
  L1 局所進行切除不能膵癌に対して一次治療は何が推奨されるか?

  A. 放射線療法(Radiation)〔R〕
  LR1 局所進行切除不能膵癌に対して化学放射線療法は何が推奨されるか?
  LR2 局所進行切除不能膵癌に対する放射線療法として、予防的リンパ節領域照射は推奨されるか?
  LR3 局所進行切除不能膵癌に対して化学放射線療法前の導入化学療法は推奨されるか?
  LR4 痛みなどの局所症状を伴う局所進行切除不能膵癌に対して放射線療法や化学放射線療法は推奨されるか?
  コラム3 膵癌に対する高精度放射線治療
  コラム4 ハイパーサーミア
  
  B. 化学療法(Chemotherapy)〔C〕
  LC1 局所進行切除不能膵癌に対して一次化学療法は何が推奨されるか?
  LC2(MC2)切除不能膵癌に対して二次化学療法は推奨されるか?
  LC3(MC3)切除不能膵癌に対する化学療法では、病態進行が明らかとなるまで継続することは推奨されるか?

  C. 外科的治療法(Operation)〔O〕
  LO1 初診時切除不能である局所進行膵癌に対する集学的治療後の原発巣切除は推奨されるか?

 4.遠隔転移を有する膵癌の治療法〔M〕
  A. 化学療法(Chemotherapy)〔C〕
  MC1 遠隔転移を有する膵癌に対して一次化学療法は何が推奨されるか?
  MC2(LC2)切除不能膵癌に対して二次化学療法は推奨されるか?
  MC3(LC3)切除不能膵癌に対する化学療法では、病態進行が明らかとなるまで継続することは推奨されるか?
  コラム5 膵癌に対する免疫療法
  コラム6 臨床試験の必要性

  B. 放射線療法(Radiation)〔R〕
  MR1 痛みを有する膵癌骨転移に放射線療法は推奨されるか?
  MR2 膵癌の術後転移・再発巣に対して放射線療法は推奨されるか?

  C. 外科的治療法(Operation)〔O〕
  MO1 膵癌の術後転移・再発巣に対して外科的切除は推奨されるか?

 5.支持・緩和療法(Supportive & Palliative Medicine)〔S〕
  A. ステント療法(Stenting)〔St〕
  SSt1 切除不能膵癌に対する胆道ドレナージのアプローチルートは経皮的、内視鏡的経乳頭的、内視鏡的経消化管的のどれがよいか?
  SSt2 閉塞性黄疸を伴う膵癌のうち術前の患者に対してプラスチックステントとメタリックステントはどちらが推奨されるか?
  SSt3-1 閉塞性黄疸を伴う切除不能膵癌に対する胆道ドレナージにおいてプラスチックステントとメタリックステントはどちらが推奨されるか?
  SSt3-2 閉塞性黄疸を伴う切除不能膵癌に対するメタリックステントはカバー付きとカバーなしではどちらが推奨されるか?
  SSt4 消化管閉塞をきたした切除不能膵癌に対して外科的胃空腸吻合術よりも消化管ステント挿入術が推奨されるか?
  コラム7 ステントと化学療法、放射線療法

  B. 支持・緩和療法(Supportive & Palliative Medicine except Stenting)〔Sp〕
  SSp1 膵癌患者・家族の精神心理的苦痛の軽減を目指した介入は推奨されるか?
  SSp2 膵癌による上腹部、背部痛のある患者に非オピオイド鎮痛薬、オピオイド鎮痛薬、鎮痛補助薬、神経ブロックは推奨されるか?
  コラム8 悪液質を伴う膵癌患者における栄養支持療法について
  SSp3 膵癌術後患者に対して、運動療法を行うことは推奨されるか?
  コラム9 患者向け資材(パンフレット)を情報提供の際に用いることは推奨されるか
  コラム10 医療者が患者とのコミュニケーション・スキルを身に付けることは推奨されるか
  SSp4 進行膵癌患者に、アドバンス・ケア・プランニングを行うことは推奨されるか?
  SSp5  FOLFIRINOX療法、ゲムシタビン塩酸塩+ナブパクリタキセル併用療法の末梢神経障害に対して、プレガバリン、デュロキセチンは推奨されるか?
  コラム11 膵癌患者の心理的・社会的・経済的問題に対する支援
  コラム12 患者会と医療関係者の協働によるがん医療のアウトカム改善は可能か

膵癌診療ガイドライン2019年版の外部評価の結果
公開前評価結果
あとがき
索引