コロナのせいにしてみよう。―シャムズの話

個数:

コロナのせいにしてみよう。―シャムズの話

  • ウェブストアに141冊在庫がございます。(2021年09月24日 11時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 168p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784307102032
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C3047

内容説明

最近、みんなコロナでちょっと変になっちゃった…あの人、シャムズ?そんな私もシャムズなの?コロナとともにある社会を生きるためのヒントが散りばめられた、コロナ時代必携の書。コロナな世の中へ総合内科医からの優しい処方箋―。

目次

第1章 コロナで変わってしまった人たち
第2章 シャムズの詳しい説明をします
第3章 いつもと違うこと(シャムズ)を見抜けるのはあなた
第4章 あの人に声をかけるのはあなた
第5章 で、何をすればいいか
第6章 不便な暮らしをどうするか―コロナでも変わらないすごい人から学ぶ
第7章 コロナのせいにしてみよう
付章 医療従事者のみなさんへ

著者等紹介

國松淳和[クニマツジュンワ]
1977年愛知県生まれ。内科医。日本医科大学医学部卒業後、国立国際医療研究センター膠原病科、同センター総合診療科などを経て、現在は医療法人社団永生会南多摩病院総合内科・膠原病内科に勤務。リウマチ専門医、総合内科専門医の資格を持ち、不明熱をはじめとした「原因のわからない病気の診断と治療」を専門としているが、一般内科医としてどんな症状・病態にも対応することを信条としている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

華形 満

11
人は基本的にソーシャルの中で生活するものであって、そのソーシャルからは離れましょうというコロナ禍世界観が人間の感性を乱すのは当たり前の事だと思う。それにより人間性をも変質させられてしまった人をシャムズと定義付けて解説しているが、実際「罹患してしまった本人」「身近に居る」その双方にとってどう共存していこうか?という提言書だと捉えられる。現状を見渡すと、私の周りは1000%「オリンピック開催(東京だけでなく次の冬季・北京も)なんて絶対無理!」が圧倒的意見だ。2020/10/27

makoto018

9
コロナでモヤモヤしてる人にオススメしたい本。シャムズとは何か?「コロナによって行動や発言が何か変わってしまった」ことを示す作者の造語。コロナで不安を感じないのは、せいぜい1割。つまり、ほとんどの人は不安を感じてなんらかの影響を受けることで適応している。また、コロナが完全にない元の社会に戻る、白黒つくことはない。だから、グレーの社会に慣れて安定を得ることが大事。自分や周囲の人に変調が見られた時は、「ああ。シャムズってるよねー」とコロナのせいにして気を楽にしよう。気になる人には声かけをしてみんなで乗り切ろう。2020/09/10

Iwata Kentaro

8
献本御礼。CIAMS。コモンディジーズです。医療者も非医療者も本書を読んで、少し相対化したら、ちょっとした認知療法になると思う。なるといいな。2020/06/30

mawaji

5
SNSなどで執拗に攻撃してくる方々に対して「シャムズの一種の表現型なんだな」と理解し愛しさまで覚えてしまう忽那先生は何という寛容な心の持ち主なのでしょう。PCR崇拝者やアビガン信者に対して科学的に理詰めで対応しても不毛かと思われ、あらゆる不運を妖術のせいにするアザンデ人の世界のように「コロナのせいにしてみよう」というのはとても適切な対応のように感じられました。コロナの世の中になってから新しく得ることができたとてもよい習慣について思い当たる人も多いのではないでしょうか。さくっと読めるのでオススメです。ぜひ。2020/06/27

玻璃

4
当初の予想に反して(?)コロナ対応が長引き、少なくない人がうんざりしているのではないだろうか。職場を見渡しても、ウィズコロナにさっさと気持ちを切り替えた人もいれば、アフターコロナを切望している人もいて、コミュニケーションにも気を使う毎日。コロナで変なことを言うようになっちゃった、というのを、著者は「シャムズ」という概念にまとめた。変化に気づけるのは身近な人しかいない。ソーシャルディスタンスの確保や大声での会話を控えることに留意し続ける日々でも雑談が大事。コミュニケーションに工夫が必要ということかな。2020/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16067724

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。