続 西洋建築空間史―壁から柱へ

個数:

続 西洋建築空間史―壁から柱へ

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月25日 10時07分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 185p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784306045255
  • NDC分類 523.3
  • Cコード C3052

内容説明

日本で、西洋で、世界で、建築の形式が発生してきた。その場所によって異なって用いられる材料や構造などの制約を、その場の人々が解法を見つけ、空間をつくり、形式が生み出された。それを理解してゆく必要がある。西洋と日本の建築空間には違いがある。その差を知ることが、両者の空間への理解を増す。西洋の空間を知るには、壁と柱の違いを理解する必要がある。西洋建築において、柱とは一体何であったのか。本書では、時代をたどりながら空間と形を読み解いてゆく。

目次

第1章 壁から柱へ
第2章 柱と空間構成
第3章 古代ギリシャ・ローマの造形と空間構成
第4章 アクロポリスの丘の上から
第5章 屋根の造形
第6章 日本建築と西洋建築の違い
第7章 中世教会堂建築の造形と空間構成
第8章 形を知る方法
第9章 近世、ルネサンスの造形と空間構成
第10章 近代・現代建築の造形と空間構成

著者等紹介

安原盛彦[ヤスハラモリヒコ]
1945年生まれ。東北大学工学部建築学科卒業、同大学院建築学専攻修士課程修了、「『源氏物語』における寝殿造住宅の空間的性質に関する研究」で工学博士(東北大学、2001)、東北大学工学部建築学科非常勤講師などを経て、秋田県立大学・教授。専攻は空間史、建築計画(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。