スマホ片手に文学入門―検索で広がる解釈の楽しみ方

個数:
電子版価格
¥1,870
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

スマホ片手に文学入門―検索で広がる解釈の楽しみ方

  • 小池 陽慈【著】
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • 笠間書院(2024/07発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 85pt
  • ウェブストアに22冊在庫がございます。(2024年07月13日 06時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 280p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784305710161
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0030

出版社内容情報

大ヒット中『なぜ働いていると本が読めなくなるのか』著者 三宅香帆さん推薦



令和を生きる人たちに届けたい、これは新時代の国語の教科書だ!!



よくわからない表現にぶつかると、その後の展開が入ってこない」

「登場人物の心理・行動に『なんでそうなるの?』と感じて、ついていけない」

「文章やセリフに隠された深い意味がわからないのは、教養が足りないせい?」

小説を読んでいて、そんなモヤモヤを感じたことはありませんか?



とくに名作といわれる文学作品は、国語の授業や試験で「このときの〇〇(登場人物)の気持ちを答えなさい」などの問題を出されることが多く、自分自身がどう感じるかではなく“正解”を探るもの、というイメージを抱いて苦手に思っている人も多いのではないでしょうか。



そんな人におすすめなのが、文字通り「スマホ(でもタブレットでも)片手に」検索などを駆使しながら本を読むスタイル。

「これってどういう意味?」→検索→「ああそういうことなのか」と、その場で疑問を解決したりヒントを得ることで、よくわからないまま読み進めてモヤモヤするのを防ぎます。



「読書とは本と1対1で向かい合うもの!」という考え方もありますが、作品の世界にうまく入り込めるようになるまでには練習も必要。

本書では、誰でも手軽にアクセスできる短編作品3作を丸ごと掲載し、情景描写の用語から謎展開の解釈まで細かいポイントで立ち止まっては検索し、必要に応じて文学理論などもわかりやすく解説しながらじっくり読み進めていきます。



本を読み慣れていない学生さんの入り口として、または「忙しくて本が読めなくなってしまった……」という社会人、「読書が好きだけど“解釈”や“考察”がうまくできない」という人にもヒントにしてもらえる1冊です。





【目 次】

はじめに



1章 芥川龍之介「ピアノ」

原文/登場する用語の検索/情景描写/心情描写による演出/擬人法など表現技法/リアリズムとオカルティズムの統合 など



2章 梶井基次郎「桜の樹の下には」

原文/「謎」の提示/一見無茶に思える宣言と理由付け/「対照」という視点/「惨劇」の非在を象徴する例示や比喩/媒介者の必要性 など



3章 宮沢賢治「やまなし」

原文/「対比」をあぶりだす/「コード」という概念/教育的意図を読み取る/子どもの成長と世界認識の深化/物語世界の共有/作者の意図から自由な解釈 など



おわ

目次

第1章 芥川龍之介『ピアノ』(原文;登場する用語の検索;情景描写 ほか)
第2章 梶井基次郎『桜の樹の下には』(原文;「謎」の提示;一見無茶に思える宣言と理由付け ほか)
第3章 宮沢賢治『やまなし』(原文;「対比」をあぶりだす;「コード」という概念 ほか)

著者等紹介

小池陽慈[コイケヨウジ]
1975年生まれ。早稲田大学教育学部国語国文科卒業。同大学院教育学研究科国語教育専攻修士課程中退。2024年3月、放送大学大学院修士全科生修了。2024年4月より、同大学院博士全科生。現在、大学受験予備校河合塾・河合塾マナビスで現代文を指導(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。