近代表記の揺籃 - 二葉亭四迷『新編浮雲』

個数:
  • ポイントキャンペーン

近代表記の揺籃 - 二葉亭四迷『新編浮雲』

  • 半沢幹一
  • 価格 ¥4,180(本体¥3,800)
  • 笠間書院(2021/10発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 190pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年11月29日 09時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 312p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784305709493
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

本格的な言文一致体で初めて書かれた小説と評価され、近代文学史的にも近代日本語史的にも、重要な作品・資料として位置付けられてきた二葉亭四迷の『新編浮雲』。

しかし、「文字や記号がどのように使われているか」といった表記上の工夫やその意図に関しては、これまで詳しく記述されることがなかった。



本書では、『新編浮雲』における「文体改革」が「表記改革」であったことを主張し、改めて表記への注目を呼びかけている。

「漢字」「平仮名」「句読点」「括弧記号」など、項目ごとにその使われ方を細かく分析。

その新旧入り混じった、まさに「近代表記の揺籃」と言える劇的な様相を読み取っていく。



【目 次】

序章

第1章 二葉亭の字法

第2章 漢字(1):頻度と用法

第3章 漢字(2):語表記

第4章 漢字(3):動詞表記

第5章 漢字(4):付属語表記

第6章 平仮名(1):字体の種類

第7章 平仮名(2):字体の用法

第8章 片仮名

第9章 仮名遣い

第10章 句読点

第11章 括弧記号

第12章 リーダーとダッシュ

第13章 繰り返し記号

終章

主な引用・参照文献一覧

『新編浮雲』表記関係集計表タイトル一覧