コレクション日本歌人選<br> 森鴎外―短歌という詩型に生涯愛情を持ち続けた文豪

個数:

コレクション日本歌人選
森鴎外―短歌という詩型に生涯愛情を持ち続けた文豪

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月20日 17時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 156p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784305709073
  • NDC分類 911.162
  • Cコード C0092

出版社内容情報

森鴎外ー文久2年(1862)石見国津和野生。小説家・劇作家・評論家・翻訳家・軍医。本名林太郎。別号観潮楼主人など。日本の衛生学の開拓者。陸軍軍医の傍ら評論雑誌「しがらみ草紙」などを発行。小説『舞姫』『雁』『阿部一族』、翻訳『即興詩人』など多数。明治39年(1906)に歌会「常磐会」、翌年「観潮楼歌会」をおこす。大正11年(1922)没。

内容説明

『うた日記』『沙羅の木』ほか、全九七七首から読み取れる短歌に向ける飽くなき愛情と熱意。

目次

ゆたけさをよすて人にも
聞けゆくやまと心は
むかしうゑし其人あはれ
ゆけといはゞやがてゆかむを
常とやいふあらずとやいふ
みこみうまごみひゝことさへ
こちたくな判者とがめそ
我歌は素ごとただごと
さらばさらば宇品しま山
我船はあきの小富士に〔ほか〕

著者等紹介

今野寿美[コンノスミ]
1952年東京都生。歌人。1977年第25回角川短歌賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。