本棚の中のニッポン―海外の日本図書館と日本研究

個数:
電子版価格 ¥2,052
  • 電書あり

本棚の中のニッポン―海外の日本図書館と日本研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月27日 00時36分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 296p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784305705884
  • NDC分類 018.21

内容説明

日本人の知らない「海外の日本図書館」。そこはどういうところで、今、何が必要とされているのか。海外で日本について学ぶ学生、研究者、そのサポートをする海外の日本図書館について紹介し、その課題やニーズに日本側からどう応え、資料・情報を提供・発信していけばいいのかを考える本。

目次

日本人の知らない日本図書館
第1部 日本語の本は誰が読むか、どこにあるか(日本語の本は誰が読むか、どこにあるか―総論;海外の日本図書館を巡る―事例紹介;プロフェッショナルたちの流儀―ライブラリアンとコミュニティ;黄金の国からクール・ジャパンへ―日本研究・資料の歴史;Nippon Invisible―日本研究・資料の現状)
第2部 日本語の本はどのように情報化され、アクセスされるのか(収集されるニッポン―収書・選書;検索可能なニッポン―書誌・目録;お取り寄せされるニッポン―ILL;アクセスされるニッポン―e‐resource;クールなニッポン―マンガ・アニメ)
第3部 日本語の本をどのように世界に発信していくか(日本からのサポート―専門機関ほか;情報発信を考えるヒント)
海外の日本研究・日本図書館についてのパスファインダー

著者紹介

江上敏哲[エガミトシノリ]
京都大学文学部卒業、同文学研究科修士課程(国語学国文学)修了。司書として、京都大学(工学研究科・附属図書館・情報学研究科(1998~))、Harvard‐Yenching Library(visiting librarian・在外研修(2007))を経て、2008年より国際日本文化研究センター資料課にて勤務。また玉川大学教育学部、立命館大学文学部、同志社大学社会学部にて非常勤講師として勤める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件