笠間叢書<br> 『山海經』の比較的研究

個数:

笠間叢書
『山海經』の比較的研究

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 253,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784305103659
  • NDC分類 292.2

内容説明

中国の神話や民間の人々の思考・信仰が、唯一豊富に語られている、中国古代の書物『山海經』。その成立時期・伝承内容を探る本。『尚書』『列子』『呂氏春秋』『淮南子』『楚辭』の5種の文献と比較して考察する。

目次

上編(『尚書』との比較;『列子』との比較;『呂氏春秋』との比較;『淮南子』との比較;『楚辭』との比較)
下編(『山海經』の檢討;「精衞」傳承の考察)

著者紹介

松田稔[マツダミノル]
1933年廣島縣尾道市に生まれる。國學院大學文學部文學科卒業。元國學院大學文學部中國文學科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)