癒しの塗り絵―美しい密教の仏とマンダラ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 24p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784594051877
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C0071

内容説明

ミシン目入りの画用紙に、水彩色鉛筆、日本画用絵の具など好きな画材で塗り絵に挑戦してみませんか。本書では、仏教の発祥地インドの伝統を受け継いだチベット仏教の絵師により描かれた美しい仏画と、砂で描かれた色鮮やかな砂マンダラを紹介しています。

目次

釈迦牟尼仏
千手観音菩薩
緑ターラー菩薩
白ターラー菩薩
文殊菩薩
観音菩薩
金剛手菩薩
薬師如来
阿弥陀如来
龍樹
無着
観音菩薩の砂マンダラ
薬師如来の砂マンダラ
金剛怖畏の砂マンダラ

著者紹介

石濱裕美子[イシハマユミコ]
早稲田大学助教授。早稲田大学大学院博士課程修了。文学博士。チベット仏教世界(チベット・モンゴル・満州)の歴史と文化を研究

シャンパ,ロブサン[シャンパ,ロブサン][Jampa,Lobsang]
1989年より、ダラムサラのチベット文献図書館にてサンゲ・イシ師の指導のもと5年間、メンリ派のタンカ(仏画)を学ぶ。1994年から1年間、アシスタントを務め、その後、4年間北インド・ビルなどの僧院に住み込みタンカの修行を積みながら、壁画を製作。’02年6月より日本在住。チベット文化研究所(東京・五反田)タンカ教室講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)