笠間叢書<br> 芭蕉研究の諸問題

個数:
  • ポイントキャンペーン

笠間叢書
芭蕉研究の諸問題

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 408p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784305103567
  • NDC分類 911.32

目次

第1章 『奥の細道』の成立をめぐる諸問題
第2章 『奥の細道』諸注ところどころ不審抄
第3章 「幻住庵記」の原初期草案とその意義―付・竹冷文庫蔵写本『芭蕉翁手鑑』の資料価値
第4章 新出・成稿系「幻住庵記」の真蹟一本
第5章 芭蕉の関防印「山昨木」の本物と偽物
第6章 芭蕉の真蹟とその模造品
第7章 暁台主催蕉翁百回忌法会と芭蕉真蹟懐紙
第8章 田中喜信説「桃青署名考」の錯誤を正す
第9章 芭蕉句句形誤伝考抄―『笈日記』の場合
第10章 松倉文左衛門宛許六書簡
第11章 芭蕉書簡の発見と報告
補記 (桃印考)追考―新出芭蕉書簡が語るその意外な素顔

著者紹介

今栄蔵[コンエイゾウ]
大正13年1月1日、青森市生れ。北海道大学文学部卒業、京都大学文学部大学院修了。奈良県公立高校教諭、鹿児島大学教育学部助教授、大谷女子大学教授を経て、中央大学文学部教授を定年退職