笠間叢書<br> 語意の解釈がゆれる 中古語と中世語の考察

個数:
電子版価格 ¥8,580
  • 電書あり

笠間叢書
語意の解釈がゆれる 中古語と中世語の考察

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 258p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784305103475
  • NDC分類 810.23
  • Cコード C3381

目次

第1章 中古語の考察(「こそあれ」考―文型と意味;「もぞ・もこそ」について―その意味の成立についての一考察;中古和文資料における動詞の音便形―源氏物語のイ音便・ウ音便を中心に ほか)
第2章 十六夜日記研究(十六夜日記諸本の仮名遣―室町期以後の定家仮名遣の一断面;十六夜日記の伝本と成立について;松平文庫本「十六夜記」について ほか)
第3章 キリシタン資料の考察(ルイス・フロイスの日本語表記―HISTORIA DE JAPAMから;『日本関係イエズス会文書』の日本語表記;『天草版平家物語』の「が」と「の」について ほか)

著者等紹介

江口正弘[エグチマサヒロ]
昭和5年3月1日生。現在、熊本県立大学名誉教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。