昭和文学研究 〈第77集〉 特集:クィア・リーディングとは何か

個数:
  • ポイントキャンペーン

昭和文学研究 〈第77集〉 特集:クィア・リーディングとは何か

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月11日 23時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 200p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784305003775
  • Cコード C3393

出版社内容情報

昭和期の文学を中心とする近現代文学の研究を対象とした学会誌。従来、会員以外は入手困難でしたが、通常の書籍同様、書店にてご注文いただけるよ うになりました。年2回刊行。定期ご購入をご希望の場合は入会されると金額的にお得です(年会費7000円、入会金1000円)。

【特集 クィア・リーディングとは何か】

座談会 クィア・リーディングとは何か──読む・闘う・変革する──●清水晶子・垂水千恵・中川成美/(司会)飯田祐子・武内佳代

クィア・セクシュアリティを読むことの可能性──谷崎潤一郎「秘密」から江戸川乱歩「屋根裏の散歩者」へ──●久米依子

「彼等もどうやらさうした二人らしいのであつた」──梶井基次郎『ある崖上の感情』を読む──●新城郁夫

断片化に抗う──『ナチュラル・ウーマン』受容史とクィア・リーディングの行方●倉田容子

出向者のクィア・リーディング──伊藤計劃『虐殺器官』と津村記久子「十二月の窓辺」──●泉谷瞬



【論文】

「からだ」を笑う/「からだ」が笑う──小島信夫の戦後初期小説──●佐藤貴之

詩的言語と国家の原理──吉本隆明と自立派における詩学的批評──●梶尾文武

錯綜する引用と声/文字の重なり──伊藤比呂美「叫苦と魂消る」をめぐって──●福尾晴香

浸潤する中国語──現代日本作家と漢文脈の回帰──●笹沼俊暁



【研究動向】

時代小説(戦前)●原卓史

津島佑子●井上隆史

歌謡曲●水川敬章



【研究展望】

『昭和戦前期プロレタリア文化運動資料集』から見えてくるもの●村田裕和

創造的営為としての怪異怪談研究を「開く」ために●茂木謙之介



【書評】

尾崎名津子著『織田作之助論 〈大阪〉表象という戦略』●斎藤理生

高橋啓太著『「文学」の倫理と背理─戦後文学再検討の視座─』●山?正純

奥山文幸編『蓮田善明論?戦時下の国文学者と〈知〉の行方』●西村将洋

村上克尚著『動物の声、他者の声 日本戦後文学の倫理』●小嶋知善

柴田勝二著『私小説のたくらみ 自己を語る機構と物語の普遍性』●藤村耕治



【新刊紹介】

南富鎭著『松本清張の葉脈』

井上隆史編『津島佑子の世界』

片山宏行著『菊池寛随想』

川口隆行編著『〈原爆〉を読む文化事典』

熊代正英・綾目広治編『柴田錬三郎の世界』

野村幸一郎編『松井石根 アジア主義論集』

和田博文・徐静波・兪在真・横路啓子編『〈異郷〉としての日本 東アジアの留学生がみた近代』

小平麻衣子編『文芸雑誌『若草』 私たちは文芸を愛好している』

河野至恩・村井則子編『日本文学の翻訳と流通 近代世界のネットワークへ』



【2018年度昭和文学会春季大会 昭和文学会・台湾日本語文学会 姉妹学会締結記念 国際シンポジウム 東アジアの日本文学研究の可能性と課題】

基調講演 台湾日本語文学会と、台湾の日本文学研究●?振南



会務委員会だより

編集後記

昭和文学会編集委員会[ショウワブンガクカイヘンシュウイインカイ]
編集