海岸動物の生態学入門―ベントスの多様性に学ぶ

個数:

海岸動物の生態学入門―ベントスの多様性に学ぶ

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2024年02月25日 14時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 246p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784303800512
  • NDC分類 481.74
  • Cコード C3045

目次

第1章 浜辺の環境とベントス
第2章 進化と種の多様性
第3章 種内変異と種内関係
第4章 ベントスの生活史
第5章 ベントスを取り巻く種間関係
第6章 個体群動態
第7章 生物群集とその特性
第8章 生態系における物質とエネルギーの流れ
第9章 ベントスが支えるさまざまな生態系
第10章 ベントスの保全と利用

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Arisaku_0225

1
海洋生物、動物生態学の教科書。題名の通りベントス(底生生物)を中心に扱っているが、生態学の基本概念は海洋ベントスだけでなく、陸上動物にも通用する。充実した研究例(と引用文献欄)とコラムは実際にどのような研究がされているかが実にわかりやすく正に生物系の大学生にうってつけな本。水族館や自然科学系博物館でもなかなかスポットライトを浴びないベントス達にこれでもかというくらい書かれている。特に帯状分布や性システム、種の拡散等普段スポットライトを浴びてる生物にも負けない程面白い事例が盛りだくさんである。2022/05/26

かつきち

0
海岸や干潟や磯などの海底や壁面に住む小さな生物群をベントスというらしい。そのベントス達の相互捕食関係や居住境界、分布や繁殖のシミュレーションなどの最新の研究をまとめたもの。入門書とはいえ大学生向けの教科書なのでノートを取りながら真面目に読んだら結構時間がかかった。干潟に鳥を観に行くけど、そこで捕食されてるカニや貝や多毛類たちにも視点を当てて観察したいなと思った。2021/03/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16618056
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。