北水ブックス<br> 凍る海の不思議―インドア派研究者の極域奮闘記

個数:

北水ブックス
凍る海の不思議―インドア派研究者の極域奮闘記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月20日 15時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 96p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784303800062
  • NDC分類 452.4
  • Cコード C0040

出版社内容情報

氷の海の役割や不思議な現象の仕組み、観測・研究の楽しさ、大変さを、ありのまま、ライブ感たっぷりにお伝えします。著者や仲間が撮影した珍しい、美しい、貴重な写真が満載。もちろんオールカラーです。いろんなエピソードを紹介するコラムも興味が尽きません。どうぞ、極域の魅力を存分に味わってください。

目次

えっ!海が凍る?
海の1割を氷が覆う
海氷は地球の環境を左右する
砕氷船いろいろ
海氷の誕生
海氷の成長とブラインチャネル
極域研究者が大好きなポリニヤとは?
海氷の生成と炭素循環
氷の主:アイスアルジ
北極海から氷がなくなる?!
海氷は本当にただのお風呂のふたなのか?
氷上のお花畑
海に浮かぶ光反射パネル
氷上のオアシス:メルトポンド
怖い、でも面白いクラックやリード
氷は物質の輸送船
海氷はお魚を呼ぶ?
氷のなかのダイヤモンドを探せ!
初めての長期北極海観測
グリーンランドへ
2度目の長期北極海観測
インドア派のための海氷研究方法
海氷研究のメッカ:みんな大好きサロマ湖
南極からのおみやげ
海氷物質循環研究に関する世界的な取り組み

著者等紹介

野村大樹[ノムラダイキ]
北海道大学北方生物圏フィールド科学センター所属。准教授。博士(環境科学)。1980年生まれ。愛知県稲沢市出身。学位取得後、国立極地研究所、ノルウェー極地研究所、北海道大学低温科学研究所、北海道大学大学院水産科学研究院を経て、現職。北極海、南極海、オホーツク海の海氷を対象とした観測研究に従事。専門は海氷生物地球化学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かおりん

27
北極海、南極海などでの研究の様子やきれいな海や自然の写真。海氷は海洋全体の1割らしい。コラムで砕氷船の食事や南極海での儀式、動物の生態などおもしろかった。巡視船や様々な観測機器、仕事の様子も知れた。2022/04/14

スプリント

8
極地での研究風景を知ることができます。国際協力が実際にどのように行われているか、砕氷船の国別の特徴など知らなかった知識が身につきます。暑い夏にお薦めです。2021/09/12

にゃーごん

4
海氷を研究する著者による極地奮闘記。極地研究というと南極探検隊が真っ先に思い浮かぶが、こういう形もあることを知った。ちょっと難しいところもあったけと、写真が豊富で面白かった。海が凍る理由なんて考えたこともなかったが、海洋の塩分濃度の影響などで北極と南極で凍り方が違うらしい。海氷は断熱材や、日光の反射板といった役割を担っているため、温暖化で海氷が溶けるとで、さらに温暖化が加速するということにゾッとした。各国の砕氷船の紹介が面白かっこよかった。乗ってみたいな〜。2021/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18278206

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。