認知システム工学―情況が制御を決定する

個数:
  • ポイントキャンペーン

認知システム工学―情況が制御を決定する

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 318p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784303729905
  • NDC分類 501.8

内容説明

著者が、長年にわたる自身の研究成果に基づいて、人間の認知作用の信頼性評価という難解な問題にどうアプローチしたらよいかを論じたのが本書である。具体的には、原子力発電所や航空機の事例がよく引用されているが、本書の内容はこれら特定の産業分野にとどまらず、認知工学やマンマシン・インタフェース全般に広く適用可能である。本書の中で著者が最も強調しているのは、「要素分解原理」に基づく解析的手法では、人間行動の本質は解明できないということである。

目次

第1章 行動、信頼性、そして望ましからざる結果
第2章 認知作用の信頼性モデルの必要性
第3章 人間信頼性評価の本質
第4章 モデルの基本構造
第5章 従属的弁別法
第6章 考察