事故調査のための口述聴取法

個数:

事故調査のための口述聴取法

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 123p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784303729790
  • NDC分類 369.3
  • Cコード C3011

目次

第1章 口述聴取とその重要性(口述聴取とは;口述聴取の重要性 ほか)
第2章 口述聴取に影響を与える要因(導入;聴取対象者の要因 ほか)
第3章 口述聴取法(導入;聴取開始時から着意すべき事項 ほか)
第4章 口述聴取の管理(導入;聴取前の準備 ほか)
第5章 口述内容に対する考え方(導入;事故調査における口述聴取内容の位置づけ ほか)

著者紹介

仲村彰[ナカムラアキラ]
1996年関西学院大学文学部心理学科卒業。1998年関西学院大学大学院文学研究科博士課程前期課程修了。防衛技官(研究職)として航空自衛隊入隊。航空安全管理隊へ配属され、現在に至る。航空事故調査の実務回数多数。米空軍のInternational Flight Safety Officer Course,Aircraft Mishap Investigation & Prevention Course修了。専門分野、ヒューマン・ファクターズ、産業・組織心理学、インストラクショナル・デザイン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)