-余拍- - [Alexandros]川上洋平エッセイ

電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

-余拍- - [Alexandros]川上洋平エッセイ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784299029829
  • NDC分類 764.7
  • Cコード C0095

出版社内容情報

生い立ち、学生時代、これまでとこれから・・・ “川上洋平”のすべて

ロックバンド[Alexandros]のボーカル&ギター川上洋平さん初のエッセイ。
本書は、シリアで過ごした幼少期、帰国後の学生生活、20代後半でデビューし、駆け抜けてきた音楽への思い、そしてこれからの人生について、川上さんがこれまで明かすことのなかったエピソードが描かれたエッセイです。セルフコーディネートを含む撮りおろしカットも多数掲載し、ファン必見の一冊です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

美紀ちゃん

80
洋平さんは文章を書くのが上手い。ミュージシャンでも小説を書いて芥川賞候補になった人もいて洋平さんも行けるんちゃう?と思った。ただエッセイで芥川賞は難しい。また次の本を出してほしいと思った。ぜひフィクションで。そして本屋大賞とか芥川賞とかこのミス大賞とか狙ってほしい。「勘違いしそうになったら現実を見る。」洋平さんらしい堅実な言葉。夢を追いかけている人には学びのある言葉。ガチの一気読み。図書館で借りる派の私だがこれはマイブック。購入した本。「裏拍」も一気読み。大好きです。川上洋平さんがとにかく大好きです。推し2022/10/27

akiᵕ̈*

39
大好きな【Alexandros】のボーカル川上洋平さんの満を辞してのエッセイ本。帰国子女ならではの英語の歌詞も魅力だけど、彼の綴る、紡ぎ出す言葉が大好きで、その音の乗らない言葉を綴った彼の生い立ちからバンド結成まで公私共々、今の川上洋平が成り立つ要素満載な一冊!常に彼の中には軸があって、ブレない。いつでも自分に戻れる術を知り自分らしさを楽しんでいる。そんな生き方こそRockそのもので、彼の創り出す楽曲も幅広いジャンルで楽しませてくれている♬2022/10/01

Hiro

24
[ALEXANDROS]18祭に参加して以来のファンです。彼の、世の中をたくましく生きている姿勢を見習いたい。2022/10/26

8
川上洋平、そしてドロスファンの皆様!!早くこの本を読みましょう。私は家宝にいたします2022/10/02

チョコラスク

7
アレキサンドロス川上洋平が書いたアレキサンドロスができるまで、川上洋平の生立ち、食生活について書かれた本。面白かったのは川上洋平がシリアで昔生活をしていて中学でいじめられて、高校で国際系に行って落ち着いて青山学院大学に入学してバンドに熱中きて2りゅうしたり、就職してた時に将来が不安になったりした話が面白いと感じました。2022/10/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20172938
  • ご注意事項