宝島社文庫 このミス大賞<br> 行動心理捜査官・楯岡絵麻vsミステリー作家・佐藤青南

個数:
電子版価格 ¥673
  • 電書あり

宝島社文庫 このミス大賞
行動心理捜査官・楯岡絵麻vsミステリー作家・佐藤青南

  • ウェブストアに59冊在庫がございます。(2021年06月20日 00時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784299016140
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

累計72万部突破の大人気シリーズ最新刊!
刃物でめった刺しにした殺人事件の容疑者の男は、犯行は認めたが、なぜか被害者を認識していなかった。その後も酷似した殺害方法が続き、やがて被害者は皆、SNS上でミステリー作家・佐藤青南を批判していたことがわかる。佐藤は心理学を駆使する警察官が主人公のミステリーで人気を獲得。オンラインサロンを運営しており、多くの会員をもつ。佐藤に疑念を抱いた取調官の楯岡絵麻だが、佐藤は行動心理学に精通しており、絵麻に隙を見せない。さらに行動心理学で見破った事実は証拠にならないと豪語する佐藤。はたして佐藤青南の殺人教唆は成立するのか?

内容説明

とある小説家の信者が、そのアンチを狙って殺人を犯した。小説家の名前は佐藤青南。オンラインサロンを主宰し、その会員に小説を大量購入させるなど、きな臭い噂がつきまとう人物だ。事件を担当するのは、被疑者のしぐさから嘘を見破る敏腕刑事・楯岡絵麻。過去の言動から、佐藤自身が「人を殺したことがある」と自覚していると確信した絵麻は、佐藤が今回の事件を煽動したと考えるが…。

著者等紹介

佐藤青南[サトウセイナン]
1975年、長崎県生まれ。第9回『このミステリーがすごい!』大賞・優秀賞を受賞し、『ある少女にまつわる殺人の告白』にて2011年デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。