英語は10000時間でモノになる―ハードワークで挫折しない「日本語断ち」の実践法

個数:

英語は10000時間でモノになる―ハードワークで挫折しない「日本語断ち」の実践法

  • 提携先に15冊在庫がございます。(2024年07月16日 12時07分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784297133528
  • NDC分類 830.7
  • Cコード C1082

出版社内容情報

英語がまともに使えなかった状態から、原著で数百冊を読破、会話もペラペラ、英検1級に合格――その秘密とは?

「いつかは英語で本が読めるようになるぞ!」と思いつつ、10度以上挫折してきた著者が、40代半から使える英語を身につけた非常識な学習方法を集大成。

・“脳内留学”で頭から、生活から日本語を追い出す
・大量に読めば話せるようにもなる
・文法を勉強するのは逆効果
・「語彙のドーピング」が最強の英語ハック
・「調子が悪い時に理解できるか?」がリスニングの実力
・「もごもご話す」でスピーキングがうまくなる
・Bing(ChatGPT)、DeepL、Goodreads、iKnow、Audible、Grammarly、Quillbot、Otter……最新ツールを使いこなす

「ラクに」「すぐに」に釣られていつまでも英語が使えないあなたへ。

内容説明

10回以上やり直してもダメだった人が成功した秘密とは?「ラクに」「すぐに」に釣られていつまでも英語が使えないあなたへ。

目次

はじめに 45歳からでも英語ができるようになる
1 頭から、生活から日本語を追い出す
2 大量に読めば話せるようにもなる
3 「語彙のドーピング」が最強の英語ハック
4 「調子が悪い時に理解できるか?」がリスニングの実力
5 書評を書ければ英語が上達する
6 「もごもご話す」でスピーキングがうまくなる
おわりに 薄い紙を1枚ずつ重ねていくように英語漬けを継続していく

著者等紹介

橋本大也[ハシモトダイヤ]
デジタルハリウッド大学教授兼メディアライブラリー館長。多摩大学大学院客員教授。早稲田情報技術研究所取締役。翻訳者。英検1級。ビッグデータと人工知能の技術ベンチャー企業データセクション株式会社の創業者。同社を上場させた後、顧問に就任し、教育とITの領域でイノベーションを追求している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぴえろ

24
英語は10000時間使えば上達する。1日3時間で9年。9時間で3年。英語を使うことを意識するより生活の中で日本語を使うことをやめる。また勉強するのではなくて"使う"。手始めにスマホの言語設定を英語にしてみた。それだけでも触れる時間が確かに増えた。多読とボキャビル。インプット9割。終わりの方の書評はハードル高いがまずは使うことの積み重ねかな。おすすめサイトやレベル別洋書など具体的に取り組める例が載っていてとても親切。2024/06/15

mintia

9
英語学習の向き合い方が自分とはぜんぜん違う。英検1級からまだまだ先があることを改めて痛感した。はたして英語の書評サイトを覗ける日が来るのだろうか。2024/05/24

Hahtan

8
5年ほど英語に全く触れていないのに仕事で急に使うことになりそうで慌てて読了。現代技術を駆使してAll English生活に近づけるヒントが満載。behind technologyの私がどこまで使いこなせるかわからないけど使えそうなアプリは入れたので実践で使いそうなところを中心に取り入れていこうと思う。2024/05/18

りょう

6
多読系の本を読んだことがある人にとっては手法自体は目新しさは無いが、紹介されている洋書が著者の紹介の仕方がうますぎて、どれも面白そう。いつかは原著で…と思っていたが、著者の言う英語を学ぶ時間を増やすのではなく、日本語を使う時間を減らしていこうと思った。まずはスマホの言語設定を英語に変更!2023/06/11

sab

5
英語に触れる時間をできるだけ増やすことはこれまでもやってきたつもりだが、仕事の業務における思考・アウトプットも英語ベースにする徹底ぶりは驚き。日本円で税金を納めないといけないから日本円で稼ぐ、日本語でコミュニケーションしなければいけないから日本語でアウトプットする、と言うのが(無意識での)通常の選択だと思っていたが、そこにメスを入れる必要があるということか。読む本も英書を基本にすべきだし、 I should make this sentence in English as well2023/06/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20665252
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。