運用設計の教科書―現場で困らないITサービスマネジメントの実践ノウハウ

個数:

運用設計の教科書―現場で困らないITサービスマネジメントの実践ノウハウ

  • ウェブストアに76冊在庫がございます。(2021年12月03日 12時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 319p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784297107932
  • NDC分類 007.61
  • Cコード C3055

出版社内容情報

提供を開始したサービスが終了するのは4年後かもしれませんし、20年後かもしれません。場当たり的な運用を行っていては、いずれ限界がくることは想像に難くないかと思います。能率アップのために導入したシステムが、稼働させたらトラブルが多発し、結果としてコスト増や品質の低下を引き起こす……。そんな事態を防ぐための運用設計のノウハウを、ITILベースの運用オペレーションのプロとして定評のある著者らが体系化した一冊。

内容説明

業務運用、基盤運用、運用管理。運用を3つの業務に分類して体系的にデザインし、システムの安定稼働と効率的なサービス提供を実現する。

目次

1章 運用設計とは(運用と運用設計;運用設計の範囲 ほか)
2章 フェーズから考える運用設計(プロジェクトの全体像;システム化計画 ほか)
3章 業務運用のケーススタディ(業務運用の対象と設計方法;システム利用者管理運用 ほか)
4章 基盤運用のケーススタディ(基盤運用の対象と設計方法;パッチ運用 ほか)
5章 運用管理のケーススタディ(運用管理の対象と設計方法;運用維持管理(基準決め) ほか)

著者等紹介

近藤誠司[コンドウセイジ]
1981年生まれ。運用設計、運用コンサルティング業務に従事。オンプレからクラウドまで幅広いシステム導入プロジェクトに運用設計担当として参画。そのノウハウを活かして企業の運用改善コンサルティングも行う。第47回埼玉文学賞にて正賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ireadertj

4
オンプレ・エンタープライズのシステムを対象にしている感はあり、ちょっと時代的にはコテコテ感を感じるw ちょっと、現在のパブリッククラウド,DevOps,CI/CD,IaCなどを踏まえるとこれをそのまま適用するシステムはちょっとな気もする。(金融くらいなのかな。。。) でも、この本はITILなどをベースにするなど、あまり運用設計について網羅されている本がないなかで、整理されておりよかった。全項目は使わなくても必要な項目を考えるときには参考にしやすいと思った。2020/03/08

miwarin

2
教科書。手元に置いておきたい。たとえばソフトウェア開発で「V字モデル」の左から右まで説明するように、運用の設計(最初)から運用(永遠に続くかもしれない)まで。「運用」をさらに3つに分類し、各々のステージで登場人物や役割や成果物を説明する。2019/09/01

やま

0
稼働から20年を超える基幹システム(AS/400)について、維持管理業務を立て直すことになったため、何をどこから手を付けると良いのか。とっかかりが欲しかったので手に取った。結果、属人的に、場当たり的に行っている日々の作業を何とか体系的に整理していけるイメージが持てた。古いシステムを運用している企業はまだまだあると聞く。そんな中、非効率とは分かってはいても日々の活動に時間がとられているとき。この本の筆者が安定稼働と効率的な運用に向けて支援してくれる。辞書としてそばにおいておける。2020/07/15

ぬぬぬぬぬ

0
概要メモ ・運用とは何かを分類して説明 ・各工程毎に運用設計に必要な作業を提示 ・業務開始時の関係図、運用方法、管理方法の説明 運用設計の仕方をあるプロジェクトを例に上げて説明しているのでとても分かりやすい 監視、インシデント、リリース、報告など運用に必要な要素が一通り書かれていたのでとても勉強になった2020/07/01

wayadahata

0
わかりやすい2020/03/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14255899

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。