「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」さて、どうする?

個数:
電子版価格
¥1,650
  • 電書あり

「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」さて、どうする?

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月19日 02時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 270p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784295403951
  • NDC分類 336.3
  • Cコード C2034

内容説明

悩める組織を救うのは「ターゲティング戦略」だ!定量的データ分析と経営学・医学・心理学の専門知識から導き出した、最も効率的で効果の高い組織改革書!

目次

序章 なぜ、組織は「病んでいく」のか?
第1章 マイナス感情の感染メカニズム
第2章 マイナス感情の発症メカニズム
第3章 マイナス感情の伝染メカニズム
第4章 組織活性化のための「ターゲティング戦略」
第5章 組織活性化のための「正しいデータ活用法」
終章 「社員を幸せに」する前にやるべきこと
特別収録 あなたの組織はどのタイプ?組織活性4分類

著者等紹介

上村紀夫[ウエムラノリオ]
株式会社エリクシア代表取締役・医師・産業医・経営学修士(MBA)。1976年兵庫県生まれ。名古屋市立大学医学部卒業後、病院勤務を経て、2008年ロンドン大学ロンドンビジネススクールにてMBAを取得。戦略系コンサルティングファームを経て、2009年「医療・心理・経営の要素を用いた『ココロを扱うコンサルティングファーム』」として株式会社エリクシアを設立。これまで30000件以上の産業医面談で得られた従業員の声、年間1000以上の組織への従業員サーベイで得られる定量データ、コンサルティング先の経営者や人事担当者の支援・交流で得られた情報をもとに、「個人と組織のココロの見える化」に取り組む。心理的アプローチによる労使トラブル解決やメンタルヘルス対策の構築、離職対策のコンサルティング、研修、講演などを行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゼロ

127
人事の人が読むと参考になるところが多い本。本書では、離職をすることは悪なのか?ということが書かれています。ぶら下がりと呼ばれる成長する見込みもなく、給料泥棒な人間は切り捨てるべきであると論じています。ぶら下がりの組織は、幸せの状態に持っていくのは困難であり、パワーがいる。会社の人間を種別に分け、どのターゲットに絞って、働きやすさややりがいを提供していくのか。全員を幸せにすることができないから、ターゲットを絞り、行動していくという考え方は新鮮でした。組織として弱いところを伸ばし、時には残酷になることは大事。2021/05/07

kou

73
まず人事担当を担う人に読んでもらいたい内容。人員不足だからと、誰でも雇っていたら、確かに上手くいかないし、社内の雰囲気も悪くなるの当然だと思う。と、言うか身をもって知っている。直前に、浅倉秋成著「六人の噓つきな大学生」を読んでいたせいか、普段と違った視点で読んでしまった。2021/07/13

キク

69
メンタル系コンサルを立ち上げ、3万件以上の産業医面談をした医師による、会社側のメンタル対策。僕は昔から制度や組織に対しての警戒心が強いので、「自分にとってどう有効に活用できるか?」という視点からしか国や組織を見ていなかった。でも「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」というし、試しに読んでみた。「会社の牽引役の優秀人材、入ったばかりの人材、意欲を失っているぶら下がり人材は放っておいて、5年後に優秀になる可能性のあるポテンシャル人材が離職を食い止めるべき最重要人材」とするのが最適解とのこと。まぁ、そうだろうな2022/10/30

ehirano1

64
「離職はWho⇒What⇒Howで対策を考える」が印象に残りました。2024/04/05

こも 零細企業営業

54
自分自身がマイナス感情の蓄積で体調不良になってる事に気が付いた。産業医に相談しないと、、、2020/09/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15591618
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。