日本史に学ぶ一流の気くばり

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

日本史に学ぶ一流の気くばり

  • ウェブストアに24冊在庫がございます。(2019年10月24日 08時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784295402794
  • NDC分類 210.04
  • Cコード C2034

内容説明

今も昔も、大切なことは変わらない。気くばりできる人だけがたどり着ける場所とは?

目次

第1章 今も昔も、できる人は気くばりを大切にしている(豊臣秀吉は生涯、人の悪口を言わなかった;家臣を呼ば捨てにせず、「殿」と呼んだ徳川家康 ほか)
第2章 こんな上司と仕事がしたい!歴史に学ぶ「理想の上司」とは?(人格者・平清盛は部下の欠点よりも長所を見た;優しさを超えた「人間力」をもっていた天才軍師 ほか)
第3章 気づかいができる部下は誰からも愛される(信長が間違っていれば生命を懸けて反抗した秀吉;老将の自慢話を最後まで聞いた蒲生氏郷の部下力 ほか)
第4章 最高の人間関係が最高のチームをつくる(ボーイスカウトのように見えた薩摩藩の結束力;坂本龍馬の亀山社中は全員給料が同じだった ほか)

著者等紹介

加来耕三[カクコウゾウ]
歴史家・作家。1958年大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科卒業後、同大学文学部研究員を経て、現在は大学・企業の講師をつとめながら、独自の史観にもとづく著作活動を行っている。『歴史研究』編集委員。内外情報調査会講師。中小企業大学校講師。政経懇話会講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。