作家で億は稼げません

個数:
電子版価格
¥1,650
  • 電書あり

作家で億は稼げません

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月21日 13時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784295202318
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

好きなことだけして生きていく。ベストセラーは出せなくとも小説家として生き残るテクニック。

目次

第1章 作家の異常な愛情
第2章 原稿に体を張れ
第3章 機械仕掛けの編集者
第4章 フル・メンタル・ジャケット
第5章 出版と欲望
第6章 アイズ・ワイド・オープン

著者等紹介

吉田親司[ヨシダチカシ]
1969年5月17日生まれ。福岡県出身。19歳で小説家を志し、32歳で処女作『新世界大戦EPISODE3』を上梓。以後、架空戦記を中心に執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナギ

57
松岡圭祐さんの『小説家になって億を稼ごう』を意識した本になっているが、数多の小説家はこちらに該当するだろう。野球で言えば大谷翔平やイチローと一軍と二軍を行ったり来たりする選手と比較すればどちらが圧倒的に多いか。アマデウスのモーツァルトとサリエリのような想いを抱く事もあろう。『億を稼ごう』は天才向きであり、本作は万人向けなのであろう。作家志望ならどちらも読んでおいて損はない作品だ。2022/12/10

Roko

38
ありがたい編集者、とんでもない編集者、きちんとした出版社、いいかげんな出版社、いろんな話が出てきます。文章を書く才能も大事ですけど、良い編集者や出版社と付き合っていくには自分が努力する作家であることが大事だというところが、吉田さんがこれまで作家を続けてこられた秘訣なのだと思います。コロナ過で、本を読む人は増えたけれど、肝心の書店が休業したり閉店したり、出版社が倒産してしまったり、作家の皆さんにとっても大変なことになっていたという話は、多くの人に知ってもらいたい事実です。#NetGalleyJP 2021/11/29

こも 零細企業営業

34
新人賞受賞から作家にならなかった作家さんの業界の生き残り戦略のノウハウ本。基礎的な物語を書くのは当たり前なので、それ以前の人は全く参考にならないが業界内の生き残り戦略としては凄く参考になる。作家としてデビューして製本された本があったら他の出版社さんに献本する。そして、仕事が取れそうになったら現在取引している取引先には話をして筋を通す。もし、契約で他社との契約は認めないと書いてあったら、新たに取引先になった所に事情を説明して待ってもらうなど。他の会社さんとの調整が重要との話も、、結局は関係性なんだな。。2022/07/09

くさてる

31
主に架空戦記・ライトノヴェルの分野で活躍してきた作家が語る、作家として生きていくための具体的な職業戦略、といった内容で、とても面白かったです。様々な問題や課題が山積みな業界でもあるうえに、ただ作品で勝負、という言葉は美しいけれど、そもそもみながみなベストセラー作家になれるわけでもない。しかしだからこそ、と努力する姿は、自己啓発書やビジネス書を蹴散らす勢いの説得力。さすが作家。本文内では謙遜されているけれど、作品そのものの仕事量と内容を見れば、これだけの作品を書ける人はやはり才能をお持ちなのだと思いました。2022/02/22

kei

26
著者さん曰く出版社に新人を育てる余裕がなくなり作家も使い捨ての時代になり危機感を持たれて書かれた本。松岡圭祐 さんの『小説家になって億を稼ごう』は良い指南書だそう。ただし天才じゃない大部分の人は億は稼げません、でも生活費なら稼げます、というスタンス。具体的な初版部数の今昔(10年前1万部、令和6千部、文庫は4千~7千部)、なろう系に関する実話から昔にさかのぼって著者さんが書籍を出せた経緯。後半はデビュー後の出来事が書かれています。様々な編集者さんやパクられた経験、好きなジャンル(架空戦記)の衰退などなど。2021/10/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18886595
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。