教養とはなにか―亡き友津上郁夫に捧ぐ

  • ポイントキャンペーン

教養とはなにか―亡き友津上郁夫に捧ぐ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 157p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784289024513
  • NDC分類 377.15

内容説明

理系と文系、理学と工学、その比較・対立から得るものとは!?大学教育における「教養課程」の舞台裏から、日本人の進むべき道を問う。

目次

第1章 大学教育における「教養」とは
第2章 講義案「エネルギーとはなにか」
第3章 理系文化と環境論的文化
第4章 恩師I先生のこと
第5章 チャイルドとアダルト
第6章 理と工、理論と実験

著者紹介

松信八十男[マツノブヤソオ]
1927年神奈川県横浜市生まれ。環境問題研究家。49年東京大学理学部物理学科(旧制)卒業。56年慶應義塾大学法学部専任講師に就任し、68年同大学法学部教授となる。62年には理学博士を授与された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)