文芸社文庫<br> 中村修二ノーベル物理学賞受賞までの闘い―日本を捨てた男が日本を変える

個数:
  • ポイントキャンペーン

文芸社文庫
中村修二ノーベル物理学賞受賞までの闘い―日本を捨てた男が日本を変える

  • 杉田 望【著】
  • 価格 ¥777(本体¥720)
  • 文芸社(2014/12発売)
  • ゴールデンウィークポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 14pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 350p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784286161174
  • NDC分類 913.6

内容説明

なぜノーベル物理学賞を受賞した中村修二は、日本を捨て、米国に渡ったのか!?日本を離れて14年、徳島県のサラリーマン研究者は米国の大学教授になっていた。かつて勤めた日亜化学工業で、最初は赤色LEDの研究に取り組んだが、思うような成果が出なかった。その後、世界的な発明といわれる、高輝度青色発光ダイオードを発明する。2000年渡米し、元の会社との知的所有をめぐり訴訟も経験した。彼の原点は「怒り」である。いかにして中村は成功したのか。その真実に迫る!

目次

第1章 依頼人は反乱者
第2章 四国・佐田岬大久浜
第3章 現代版糟糠の妻
第4章 切れた男の研究テーマ
第5章 反乱者への報復
第6章 東京地裁民事第46部法廷

著者紹介

杉田望[スギタノゾム]
1943年、樺太大泊生まれ。早稲田大学中退。専門紙編集長、社長を経て、1988年より作家専業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)