文芸社文庫<br> 異世界のF35―新・護樹騎士団物語

個数:
  • ポイントキャンペーン

文芸社文庫
異世界のF35―新・護樹騎士団物語

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2016年12月04日 13時20分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 334p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784286160528
  • NDC分類 913.6

内容説明

音黒聡子(26)は航空自衛隊・飛行開発実験団に所属するテストパイロットだ。ある日突然に言い渡された命令は、海上自衛隊向け新型統合攻撃戦闘機F35BJを駆り、洋上の護衛艦“ひゅうが”へテスト飛行に赴くこと。しかし“ひゅうが”艦上で聡子を待ち受けていたのは、国家安全保障局の黒服の男たちだった。聡子は単身、中国・雲南省の奥地へ極秘偵察飛行へ向かうよう強要される。その山中の密林には、十日前に南シナ海上空で消息を絶ったシンガポール発北京行きの旅客機が、まるで何者かに置かれたように佇んでいるのだ―。そして衛星が旅客機の周囲に発見し撮影したのは、不思議な『翅をもつ巨大なヒト型』の影だった。書下ろし新シリーズ、第一弾!

著者紹介

夏見正隆[ナツミマサタカ]
1960年千葉県生まれ。迫真の航空アクションには定評がある。水月郁見名義ではファンタジーノベルの書き手として注目される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)