文芸社文庫<br> 異世界のF35―新・護樹騎士団物語

個数:

文芸社文庫
異世界のF35―新・護樹騎士団物語

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 334p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784286160528
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

音黒聡子(26)は航空自衛隊・飛行開発実験団に所属するテストパイロットだ。ある日突然に言い渡された命令は、海上自衛隊向け新型統合攻撃戦闘機F35BJを駆り、洋上の護衛艦“ひゅうが”へテスト飛行に赴くこと。しかし“ひゅうが”艦上で聡子を待ち受けていたのは、国家安全保障局の黒服の男たちだった。聡子は単身、中国・雲南省の奥地へ極秘偵察飛行へ向かうよう強要される。その山中の密林には、十日前に南シナ海上空で消息を絶ったシンガポール発北京行きの旅客機が、まるで何者かに置かれたように佇んでいるのだ―。そして衛星が旅客機の周囲に発見し撮影したのは、不思議な『翅をもつ巨大なヒト型』の影だった。書下ろし新シリーズ、第一弾!

著者紹介

夏見正隆[ナツミマサタカ]
1960年千葉県生まれ。迫真の航空アクションには定評がある。水月郁見名義ではファンタジーノベルの書き手として注目される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)