塩浜の家―八十四歳の青春手帖

個数:

塩浜の家―八十四歳の青春手帖

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 217p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784286031811
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

二十年慣れ親しんだ塩浜の町が後ろに流れていく。万斛の思いであった。シベリア抑留から帰還した時、ふる里・塩浜は焦土と化していた。遠い少年の日々を軽やかに端正な筆致で綴った随筆集。阪神・淡路大震災の体験記も収載。

目次

第1章 わがふる里の風景と風俗
第2章 私と家族
第3章 父の映像
第4章 母の映像
第5章 ふる里の断面
付記 震災記(阪神淡路大震災)

著者等紹介

村澤三郎[ムラサワサブロウ]
大正10年4月9日東京都江東区深川で出生。昭和15年3月東京市立商業学校卒業。昭和15年4月日本楽器製造株式会社(後のヤマハ株式会社)入社。昭和19年4月満洲琿春野戦自動車廠教育召集。昭和19年7月満洲鶏寧野戦自動車廠河東支廠転属。昭和20年8月捕虜としてシベリア・アルタイ州ロストフカに収容される。昭和21年6月病気により朝鮮民主主義人民共和国に転送。昭和22年1月復員。佐世保に上陸。昭和57年10月ヤマハ株式会社を定年退社(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。