日本共産党大改造論

日本共産党大改造論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 184p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784286026695
  • NDC分類 315.1
  • Cコード C0095

目次

第1部 我が青春と日本共産党(二・一ゼネストから五〇年問題へ;日本共産党史論;朝鮮戦争;スターリン批判;六〇年安保への道)
第2部 神戸での心境の変化(公務員から研究者へ;神戸商船大学に赴任;東欧の民主化とソ連の崩壊)
第3部 神戸から仙台へ(神戸からの転籍;地方選挙の話)
第4部 筆坂問題と日本共産党改造論(筆坂問題;具体的日本共産党大改造論)

著者紹介

照井敬[テルイタカシ]
1934年(昭和9)岩手県盛岡市生まれ。1953年(昭和28)岩手県立盛岡第一高等学校卒業。1960年(昭和35)東北大学法学部卒業。1960年(昭和35)~1983年(昭和58)岩手県庁および宮城県庁に勤務。1983年(昭和58)~1997年(平成9)神戸商船大学教授(主に船員法、労働法を担当)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)