愛蔵版詩集シリーズ<br> 雪明りの路

個数:

愛蔵版詩集シリーズ
雪明りの路

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 276p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784284700030
  • NDC分類 911.56

内容説明

初刊のデザインの香りをつたえる新しい愛蔵版詩集シリーズ。雪降る町で織りなす恋愛を若い感性が描く。

目次

雪明りの路(雪明りの路・細目)

著者紹介

伊藤整[イトウセイ]
1905年1月16日北海道松前郡炭焼沢村に生まれる。1925年、小樽高商を卒業。小樽市中学校英語教諭となる。1927年、東京商科大学本科に入学。1928年、東京商大に復学。1929年、批評雑誌「文芸レビユー」を創刊。1931年、「文芸レビュー」廃刊。東京商大を退学。1935年、日本大学芸術科講師となる。1948年、日本文芸家協会理事となる。1949年、日本ペンクラブ幹事となる。1958年、東京工業大学教授となる。1962年、財団法人日本近代文学館設立とともに理事に就任。日本ペンクラブ副会長。1963年、『日本文壇史』により菊池寛賞を受賞。1964年、日本近代文学館が菊池寛賞を受賞。東工大教授を辞任。日本近代文学館副理事長に就任。1965年、日本近代文学館理事長に就任。1967年、日本芸術院賞を受賞。1968年、日本芸術院会員。1969年、ガン性腹膜炎のため死没。19日、川端康成を葬儀委員長に、日本近代文学館、日本ペンクラブ、日本文芸家協会の三団体合同葬が青山葬儀所で行われた。翌45年3月、『変容』により日本文学大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)