学術叢書<br> 子ども虐待対応のための教育訓練実践モデル―修正デザイン・アンド・ディベロップメント(M‐D&D)を用いて

個数:

学術叢書
子ども虐待対応のための教育訓練実践モデル―修正デザイン・アンド・ディベロップメント(M‐D&D)を用いて

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 211p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784284104180
  • NDC分類 369.4
  • Cコード C3036

目次

第1章 教育訓練実践モデル開発の目的と背景(研究の目的と背景;問題の所在;研究の目的と開発的研究の必要性;研究の特徴;実践の意義;MCOモデルからの理論的説明)
第2章 教育訓練実践モデル開発の方法(実践モデルの開発の手続き:M‐D&D;本書の構成と研究の手続き)
第3章 M‐D&Dに基づくモデル開発(児童福祉司の業務環境および現任研修の現状;エキスパート面接調査と叩き台のデザイン;教育ツールの試行と改良)
第4章 研究のまとめと考察(子ども虐待ケース・マネジメント教育訓練実践モデルのまとめ;最終的な子ども虐待ケース・マネジメント教育訓練実践モデル;本研究の有効性と課題;本研究から教育訓練実践モデルへの敷延)

著者等紹介

原佳央理[ハラカオリ]
1976年生まれ。1999年聖心女子大学文学部卒業。2004年関西学院大学大学院社会学研究科博士課程後期課程単位取得満期退学。相愛大学人間発達学部准教授を経て、現在、同大学非常勤講師、博士(人間福祉)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。