ミニチュア・スコア<br> バルトーク/管弦楽のための協奏曲Sz.116,BB123

個数:
  • ポイントキャンペーン

ミニチュア・スコア
バルトーク/管弦楽のための協奏曲Sz.116,BB123

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 192p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784276921412
  • Cコード C1073

出版社内容情報

バルトークが移住先のアメリカで手掛けたほとんど唯一の作品。20世紀のあらゆる管弦楽作品のなかでも屈指の人気を誇る。

第二次世界大戦下のヨーロッパから戦火を避けて、1940年に移住したバルトークが、アメリカで手掛けたほとんど唯一の作品。ボストン交響楽団の指揮者クーセヴィツキーが、最愛の夫人を追悼する作品として委嘱したもの。集中的に作曲した43年夏から秋に掛けて、バルトークはすでに白血病に冒され、体調は思わしくなかった。曲は、タイトルが示すとおり、バロック時代のコンチェルト・グロッソに範を取り、ソロ、もしくはパート・ソロのヴィルトゥオジティを全面に打ち出すとともに、自作に多くの先例がある5楽章形式による、厳格にシンメトリカルな構造を目指している。南スラブ民謡に由来する「オクタトニック(8音音階)」を原初的動機として用い、全体としてきわめて個性的な音楽を形作っている。20世紀のあらゆる管弦楽作品のなかでも屈指の人気を誇り、吹奏楽版もよく演奏される。

解説と全5楽章

【著者紹介】
大阪大学文学部教授(音楽学専修)。わが国におけるバルトーク研究の第一人者。中公新書『バルトーク』で吉田秀和賞受賞。大阪教育大学を経て、現職。朝日新聞の演奏会評や、NHK-FM大阪の解説などでもおなじみ。