四季を綴る - 女声合唱とピアノによる日本の歌

個数:

四季を綴る - 女声合唱とピアノによる日本の歌

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月23日 02時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 61p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784276551275
  • NDC分類 767.4
  • Cコード C1073

出版社内容情報

旋律の素朴な味わいや佳さを生かすこと、また幅広い世代に演奏されることを願い、合唱は平易。各曲は春夏秋冬の順に配している。

日本人の心に溶け込んだ唱歌や童謡の名作11曲をピアノ伴奏付女声合唱に編曲した曲集。編曲にあたっては、旋律の素朴な味わいや佳さを生かすこと、また幅広い世代に演奏されることを願い、合唱の難易度をなるべく平易にしてピアノ伴奏によって色合いを深めることが意識されている。あたたく充実した歌の響きと流麗なピアノによって生み出される音楽は“懐かしさ”を超えた魅力を放ち、現代の自然な感覚にとどくもの。各曲は春夏秋冬の順に配され、演奏会の1ステージとしての演奏効果も高い。

曲目:早春賦/さくら/朧月夜/われは海の子/海/虫のこえ/野菊/里の秋/雪/スキーの歌/冬景色

【著者紹介】
編曲:国立音楽大学作曲学科卒業、同大学院作曲専攻音楽理論コース修了。音楽理論および作曲を鵜?ア庚一、山口博史、トーマス・マイヤー=フィービッヒ、山本康雄の各氏に師事。日本演奏連盟、日本作曲家協議会会員。国立音楽大学附属高等学校、上野学園大学短期大学部非常勤講師。