ベートーヴェンの音符たち―池辺晋一郎の「新ベートーヴェン考」

個数:

ベートーヴェンの音符たち―池辺晋一郎の「新ベートーヴェン考」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月18日 23時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 192p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784276200647
  • NDC分類 762.34
  • Cコード C1073

内容説明

現代の人気作曲家・池辺晋一郎が、恐れをかなぐり捨て、世紀の巨匠に挑む。その結論は?音楽史や生き方にも恋にも触れず、大作曲家の音楽、作品、音符にこだわる同シリーズ第5弾。

目次

振り子の原理―交響曲第1番
「大公」に対抗する曲、なし―ピアノ三重奏曲第7番「大公」
振幅の大きな名曲―クロイツェル・ソナタ
緻密、重厚なゲキバン―序曲「エグモント」
意図の貫徹―ピアノ協奏曲第4番
ナイーブの極、ナイーブな曲―ピアノ・ソナタ第14番「月光」
もっと楽器を!―交響曲第7番
ブーメランのおいしい戻りかた―チェロ・ソナタ第3番
個性的な3曲のワンセット―弦楽四重奏曲第7~9番
アデライーデ―歌を忘れないで〔ほか〕

著者等紹介

池辺晋一郎[イケベシンイチロウ]
1943年水戸市生まれ。作曲を池内友次郎、島岡譲、矢代秋雄、三善晃の各氏に師事。67年東京芸術大学卒業。71年同大学院修了。在学中、安宅賞、66年日本音楽コンクール第1位、同年音楽之友社室内楽曲作曲懸賞第1位、67年中西音楽賞第3位、68年音楽之友社作曲賞などを受ける。以後、ザルツブルクTVオペラ祭優秀賞、イタリア放送協会賞3度、国際エミー賞、芸術祭優秀賞4度、尾高賞2度、毎日映画コンクール音楽賞3度、日本アカデミー賞優秀音楽賞8度(うち2度最優秀賞)、放送文化賞、紫綬褒章などを受賞。主要作品:交響曲1~7、ピアノ協奏曲1~2、チェロ協奏曲、オペラ「死神」「じゅごんの子守歌」ほか管弦楽曲、バレエ、ミュージカル、室内楽曲、合唱曲、歌曲など多数。映画「影武者」「夢」(黒澤明監督)、「瀬戸内少年野球団」「少年時代」「スパイ・ゾルゲ」(篠田正浩)、「楢山節考」「うなぎ」(今村昌平)、「バルトの楽園」(出目昌伸)、「監督・ばんざい!」(北野武監督)、TV「黄金の日日」「八代将軍吉宗」「元禄繚乱」など。演劇は文学座、俳優座、無名塾など約450本。現在、東京音楽大学教授、横浜みなとみらいホール館長などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

好評の「音符たち」シリーズ第5弾。現代音楽作曲家の立場で、大作曲家の名曲を、その楽曲、音符のみから解説。全24章で、ベートーヴェンの様々なジャンルの作品を採りあげる。

【著者紹介】池辺晋一郎(イケベ シンイチロウ)
1943年水戸生まれの作曲家。東京芸大卒、同大学院終了。1966年、日本音楽コンクール第1位以来数々の賞を受賞。あらゆるジャンルの作曲をてがけ、活動範囲は多岐にわたる。