君も星だよ―合唱曲“COSMOS”にこめたメッセージ

個数:
  • ポイントキャンペーン

君も星だよ―合唱曲“COSMOS”にこめたメッセージ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 02時20分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 127p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784276200203
  • NDC分類 767.4

目次

第1章 合唱曲ができるまでのエピソード(“COSMOS”;“地球星歌―笑顔のために” ほか)
第2章 独学で音楽を学び、仕事にする(子どもの頃の夢;星空・宇宙との出会い ほか)
第3章 歌を作ろう!―宇宙でいちばんやさしい作詞作曲講座(歌はみんなのもの;実に簡単な作曲の仕方 ほか)
第4章 対談―ミマス作品の編曲者・富澤裕先生を迎えて(“COSMOS”の懐の深さ;「楽しさ」は「集中」から生まれる ほか)

著者紹介

ミマス[ミマス]
1971年、神奈川県茅ヶ崎市生まれ。音楽ユニット「アクアマリン」のキーボード、ギター、作詞・作曲担当。代表曲“COSMOS”“地球星歌”などは富澤裕氏により合唱曲に編曲され、全国の学校や合唱団で歌われている。大学・大学院の専攻は自然地理学。音楽は高校生のときに独学で始める。近年はアクアマリンでのライブ活動のほか、小・中学校に招かれての授業や講演も多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

合唱界における21世紀最初のヒット曲と言われる《COSMOS》の作詞作曲者ミマスが、曲ができるまでのエピソードを綴った初のエッセイ集ミマスが作曲・作詞した合唱曲《COSMOS》は、2000年から全国の小・中学生を中心に絶大な支持を得て歌われ、「合唱界における21世紀最初のヒット曲」と言われている。本書では《COSMOS》はもちろん、世界一周旅行の後つくられた《地球星歌》、東日本大震災をきっかけにつくられた《一つの明かりで》《いつかこの海をこえて》といった合唱曲ができるまでのエピソード・歌詞に込めた想いを、初めてまとめて書き下ろす。著者が独学で音楽を学び仕事にするまでの道、歌を作りたい読者に向けた「宇宙でいちばんやさしい作詞作曲講座」、ミマス作品の編曲をした富澤裕先生との対談(ミマス作品を合唱するさいのポイント他)など読みどころ満載。世界中を旅し、印象に残った旅行先でのエピソードを綴った「旅コラム」、読書家の著者ならではの珠玉の「オススメ本」コラムも。小学校高学年から。


はじめに
第一章 合唱曲ができるまでのエピソード
《COSMOS》
一 星空とともに歩む人生
二 「君も星だよ」とはどういう意味か
三 いまここに生きているということの重さ
四 誰にも理解されなかったとしても
五 《COSMOS》のひろがり
六 歌ってくれた若い人たちへのメッセージ
《地球星歌?笑顔のために?》
一 世界一周新婚旅行!
二 地球をシェアする人たちとの出会い
三 自分の足でそこへ行き、自分の目で世界を見よう
四 「平和」は僕の最も大切なテーマ
《一つの明かりで》
一 東日本大震災のこと
二 蔵王からの手紙
三 心から尊敬する二十一人の小中学生たち
《いつかこの海をこえて》
一 奇跡の《地球星歌》
二 釜石東中学校のこと
三 海、そしてフェルマータ
第二章 独学で音楽を学び、仕事にする
一 子どもの頃の夢
二 星空・宇宙との出会い
三 旅への憧れ
四 音楽との出会い
五 大学で勉強したこと
六 自分を本当に表現できる〈言語〉を見つけよう
七 「好きなこと」を仕事にしたいという君へ
第三章 歌を作ろう!?宇宙でいちばんやさしい作詞作曲講座?
一 歌はみんなのもの
二 実に簡単な作曲の仕方
三 和音のつけ方
四 実際に小学校で作曲講座をやったときの話
五 作詞もやってしまおう
六 詞のカタチ。基本的なルール。
七 作詞のコツ一 ?とにかくどんどん削ろう!?
八 作詞のコツ二 ?とにかくまず書く、そして気長にやる?
九 作詞のコツ三 ?逆算作詞法?
十 作曲と作詞、どちらが先ですか?
十一 良い詞を書くために
第四章 対談 ?ミマス作品の編曲者・富澤裕先生を迎えて?
《COSMOS》の懐の深さ
「楽しさ」は「集中」から生まれる
自分という人間のすごさに気づいてほしい
編曲のポイント――《COSMOS》《地球星歌》《一つの明かりで》《いつかこの海をこえて》
「僕と君」の世界の外側を描く歌
夢のかなえ方
[コラム]旅コラム1 地球の裏側へ行ってみたい!?パタゴニアの大自然?
旅コラム2 人生を変えたアメリカ西部の絶景たち
旅コラム3 二十一歳さいの冒ぼうけん険?シベリア鉄道で北極圏けんをめざす?
旅コラム4 銀河の光と僕の影?オーストラリアの砂漠?
旅コラム5 キリマンジャロ?人生最大の挑戦!?
旅コラム6 想像を超える神秘の世界?ウユニ塩湖・アタカマ高地?
旅コラム7 偉大なるアフリカ?ゾウの鳴き声を知っていますか?
旅コラム8 エストニア共和国?歌の力?
旅コラム9 子連れの旅をするなら?ニュージーランド?
旅コラム10 言葉について
オススメ本1 『人間の土地』サン=テグジュペリ
オススメ本2 『夜と霧』『それでも人生にイエスと言う』V・E・フランクル
オススメ本3 『今日の芸術』岡本太郎
オススメ本4 『旅をする木』星野道夫
オススメ本5 『ローマ人の物語』塩野七生
オススメ本6 『ソフィーの世界』ヨースタイン・ゴルデル
オススメ本7 『万葉集』
オススメ本8 『武器よさらば』アーネスト・ヘミングウェイ
オススメ本9 『星界の報告』ガリレオ・ガリレイ

ミマス[ミマス]
1971年、神奈川県茅ヶ崎市生まれ。音楽ユニット『アクアマリン』のキーボード、ギター、作詞・作曲担当。代表曲『COSMOS』『地球星歌』などは富澤裕氏により合唱曲に編曲され、全国の学校や合唱団で歌われている。小学生の頃から天文や宇宙に親しみ、旅好きで多くの国を旅した経験もあるため、星や宇宙、自然や旅などをテーマにした作品が多い。大学・大学院の専攻は自然地理学。音楽は高校生のときに独学で始める。近年はアクアマリンでのライブ活動のほか、小・中学校に招かれての授業や講演も多い。公式サイトは、http://aqumari.com/