ROSロボットプログラミングバイブル

個数:
電子版価格 ¥4,644
  • 電書あり

ROSロボットプログラミングバイブル

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2018年06月19日 23時41分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 452p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784274221965
  • NDC分類 548.3
  • Cコード C3053

内容説明

オープンソースロボティクスのためのソフトウェアプラットホームであるROS(Robot Operating System)の入門書であり、また詳しい解説書。前半では初心者でも学習できるように、ROSのインストールから基本的な概念について、よく使用されるコマンドや便利なツールの使い方、センサやロボットを利用した実習方法までを詳しく解説。後半では、ROSをすでに使用している技術者や研究者向けに、ROS公式プラットフォーム「TurtleBot3」等のプラットフォームを用いたSLAMや、ナビゲーション、マニピュレータ制御を解説した。

目次

ロボットソフトウェアプラットフォーム
Robot Operating System(ROS)
ROSの開発環境の構築
ROSの主要概念
ROSコマンド
ROSツール
ROS基本プログラミング
ロボット、センサ、モータ
組込みシステム
移動ロボット〔ほか〕

著者等紹介

表允〓[ピョユンソク]
ROBOTIS Co.,Ltd.R&D Dept.Open Source Team,Team Leader。2009年にKwangwoon University Electronic Engineering卒業、韓国科学技術研究院(KIST)研究員を経て、2016年に九州大学大学院システム情報科学研究院博士後期課程修了。2014~2015年には日本学術振興会特別研究員も勤める。2016年4月より現職。ROS公式ロボットプラットフォームTurtleBot3の開発に携わる。博士(工学)

倉爪亮[クラズメリョウ]
九州大学大学院システム情報科学研究院教授。1991年東京工業大学機械物理工学専攻修士課程修了。(株)富士通研究所、東京工業大学、東京大学生産技術研究所を経て、2002年九州大学大学院システム情報科学研究院助教授、2007年より同教授、2016年より同副研究院長。日本ロボット学会フェロー、日本機械学会フェロー。日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門学術業績賞、計測自動制御学会システムインテグレーション部門学術業績賞等、受賞多数。博士(工学)

鄭黎〓[ジョンリョウン]
ROBOTIS Co.,Ltd.R&D Dept.Open Source Team,Assistant Reserch Engineer。2013年に早稲田大学先進理工学部電気・情報生命工学科を卒業、2015年に早稲田大学大学院先進理工学研究科電気・情報生命専攻修士課程修了。2015年4月より現職。ROS公式ロボットプラットフォームTurtleBot3の開発に携わる。修士(工学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

環境設定からロボットへの実装まで。ROSのすべてを網羅
本書は,ロボット用のミドルウェアであるROS(Robot Operating System)についての,ロボット分野の研究者や技術者を対象とした解説書です.ROSの構成や導入の方法,コマンドやツール等の紹介といった基本的な内容から,コミュニケーションロボットや移動ロボット,ロボットアームといった具体的なロボットのアプリケーションを作成する方法を解説しています.
 ROSについて網羅した内容となるため,ROSを使った開発を行いたい方が必ず手元に置き,開発の際に活用されるような内容です.