挫折しない統計学入門―数学苦手意識を克服する

個数:
電子版価格 ¥2,376
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

挫折しない統計学入門―数学苦手意識を克服する

  • 浅野 晃【著】
  • 価格 ¥2,376(本体¥2,200)
  • オーム社(2017/01発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 44pt
  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2017年12月12日 10時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 248p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784274220128
  • NDC分類 417
  • Cコード C3041

内容説明

本書は「統計学が必要だけど数学は苦手、だから統計学は敷居が高い」と感じる人に向けた書籍です。数学準備編、統計学基礎編、統計学発展編。この三段階を踏むことで、挫折することなく自然と、実務に役立つ統計学の知識が身に付く書籍となっています。

目次

第1部 数学準備編(数学は「ウノ」ではなく「ページワン」だ;「実現できない公約はいたしません」という政治家;ギリシャ文字はかっこいい;足し算→掛け算→累乗と広がる計算;関数と式;単位から微分へ、合計から積分へ)
第2部 統計学基礎編(データの分布、平均と分散;相関関係、回帰、決定係数;確率;確率変数と確率分布モデル)
第3部 統計学発展編(統計的推測と大数の法則;区間推定と検定;連続型確率分布と中心極限定理の意味;標本平均の分散:なぜ「標本サイズ分の一」になるのか)

著者紹介

浅野晃[アサノアキラ]
大阪府出身、1964年生まれ。1987年大阪大学工学部応用物理学科卒業。1989年大阪大学大学院工学研究科応用物理学専攻博士前期課程修了。大阪大学大学院工学研究科応用物理学専攻博士後期課程入学。1990年ソ連(現・ロシア)科学アカデミー情報伝達問題研究所客員研究員。1991年日本学術振興会特別研究員DC。1992年博士(工学)(大阪大学)。九州工業大学情報工学部機械システム工学科助手。1994年フィンランド国立研究センター情報工学部門客員研究員。1998年広島大学総合科学部助教授。2005年広島大学総合科学部教授。2006年広島大学大学院工学研究科教授。2011年関西大学総合情報学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「統計学が必要だけど数学は苦手、だから統計学は敷居が高い」と感じる人を対象に自然と実務に役立つ統計学の知識が身に付く内容。もう統計学は怖くない!
数学が苦手な人でも理解できる統計学の入門書!
本書は「統計学が必要だけど数学は苦手、だから統計学は敷居が高い」感じる人に向けた書籍です。
まず「数学準備編」で、数学が苦手な読者でも興味がわくような題材と数学を絡めることで、飽きが来ないように統計学に必要な数学の準備を行います.
数学の基礎が身に付いたら、次は「統計学基礎編」で統計学の基礎中の基礎である基本統計へと進み、さらに「統計学発展編」で実際に分析することができるようになる回帰分析や多変量解析が扱えるまで段階的に説明していきます.
この三段階を踏むことで、挫折することなく自然と実務に役立つ統計学の知識が身に付く書籍となっています。

第1部 数学準備編
 第1章 数学は「ウノ」ではなく「ページワン」だ
 第2章 「実現できない公約はいたしません」という政治家
 第3章 ギリシャ文字はかっこいい
 第4章 足し算→掛け算→累乗と広がる計算
 第5章 関数と式
 第6章 単位から微分へ,合計から積分へ
第2部 統計学基礎編
 第7章 データの分布,平均と分散
 第8章 相関関係,回帰,決定係数
 第9章 確率
 第10章 確率変数と確率分布モデル
第3部 統計学発展編
 第11章 統計的推測と大数の法則
 第12章 区間推定と検定
 第13章 連続型確率分布と中心極限定理の意味
 第14章 標本平均の分散:なぜ「標本サイズ分の一」になるのか

浅野 晃[アサノ アキラ]