例題とExcel演習で学ぶ多変量解析 回帰分析・判別分析・コンジョイント分析編

個数:
電子版価格 ¥3,024
  • 電書あり

例題とExcel演習で学ぶ多変量解析 回帰分析・判別分析・コンジョイント分析編

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年06月20日 21時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 411p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784274219658
  • NDC分類 417
  • Cコード C3041

目次

第1章 多変量解析を学ぶための基礎統計
第2章 多変量解析の概要
第3章 重回帰分析
第4章 数量化1類
第5章 拡張型数量化1類
第6章 判別分析
第7章 正準判別分析
第8章 コンジョイント分析

著者等紹介

菅民郎[カンタミオ]
1966年東京理科大学理学部応用数学科卒業。中央大学理工学研究科にて理学博士取得。2005年ビジネス・ブレークスルー大学院教授。2011年市場調査・統計解析・予測分析・統計ソフトウェア・統計解析セミナーを行う会社として、株式会社アイスタットを設立、代表取締役会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「予測」の解析に焦点を当てて解説。Excelと著者自ら作成したアドインソフトウェアを活用して詳細かつ実践的に説明。分析手法を「目的変数(予測したい変数)がある場合」と「ない場合」に分け、それぞれの手法を更に丁寧に解説、本書は「予測」の解析に焦点を置いた!
多変量解析を行う目的としては、大きく分けて「予測」と「要約」の2つがあります。本書では、「予測」の解析に焦点を当てて解説します。
具体的には、重回帰分析、判別分析、正準判別分析、ロジスティック回帰分析、数量化?類((ダミー変数)重回帰分析)、数量化2類(判別分析)、拡張型数量化1類(重回帰の目的変数を予測する)、拡張型数量化2類(判別分析;説明変数のデータタイプがカテゴリーデータと数量データ両方を適用できること)、コンジョイント分析など、目的変数の予測、その予測に重要な影響を及ぼす要因を解明する手法を扱います。
各手法の解説には身近で実践的な例題を豊富に設け、これについて計算・解釈の方法を、Excelと著者自ら作成したアドインソフトウェアを活用して詳細かつ実践的に説明していきます。


第1章 多変量解析を学ぶための基礎統計
第2章 多変量解析の概要
第3章 重回帰分析
第4章 数量化1類
第5章 拡張型数量化1類
第6章 判別分析
第7章 正準判別分析
第8章 ロジスティック回帰分析
第9章 数量化2類
第10章 多群数量化2類
第11章 拡張型数量化2類
第12章 コンジョイント分析

菅 民郎[カン タミオ]