わかりやすい測量の数学―行列と最小二乗法

個数:
電子版価格 ¥2,808
  • 電書あり

わかりやすい測量の数学―行列と最小二乗法

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 226p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784274206870
  • NDC分類 417.8

目次

第1章 まずは最小二乗法を知ろう
第2章 行列を理解しよう
第3章 回帰直線を納得する
第4章 行列で最小二乗法を理解しよう
第5章 測量の基準を知ろう
第6章 水準測量の最小二乗法をマスターしよう
第7章 重みのある最小二乗法をマスターしよう
付録 行列の要点整理―高校数学の復習

著者紹介

小白井亮一[コジロイリョウイチ]
1960年東京都生まれ。1986年千葉大学大学院理学研究科修了(変成岩岩石学を専攻)。国土地理院入所。現在、同院勤務。国土地理院にて写真測量やリモートセンシングなどの技術開発に携わる。1999年和歌山大学システム工学部非常勤講師、2007年日本国際地図学会常任委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

GPSやレーザ測量など、測量システムが著しく進歩する中で、基本となる数学的な手法はともすればブラックボックス化しやすく、応用力が必要な実務において支障を来たしつつある。 本書は、測量技術を支える測量数学の必須項目である行列と最小二乗法について、学生や若手技術者を主対象に、基礎からわかりやすく解説するもの。