交通工学

個数:
  • ポイントキャンペーン

交通工学

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 339p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784274206382
  • NDC分類 514

目次

1章 交通工学の意義と目的
2章 交通調査
3章 トリップベースの交通需要分析
4章 交通行動分析
5章 道路交通流解析
6章 道路の計画と設計
7章 交差点とインターチェンジ・ランプの設計
8章 道路ネットワーク解析
9章 輸送サービス供給の解析と設計

著者紹介

飯田恭敬[イイダヤスノリ]
1941年兵庫県生まれ。京都大学大学院修士課程修了。工学博士。金沢大学教授、京都大学大学院教授を経て、京都大学名誉教授、(社)システム科学研究所会長、(株)福山コンサルタント技術顧問、(株)ニュージェック技術顧問、同済大学顧問教授(中国)、北京交通大学顧問教授(中国)、東南大学客座教授(中国)

北村隆一[キタムラリュウイチ]
1949年大阪府生まれ。京都大学大学院修士課程修了。ミシガン大学にてPhD取得。カリフォルニア大学デイヴィス校教授を経て、1993年より京都大学工学部教授、現在は京都大学大学院工学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

本書は、交通工学を「人間(運転者・歩行者)」「車」「道路」「環境・景観」の4側面の最適関係を論議する学問領域として捉え、その理論的発展を整理し、わかりやすく解説する教科書である。 「交通工学の意義と目的」から,交通調査,分析,解析,そして,道路の計画・設計,道路ネットワーク解析等までに渡り,現代の視点で交通工学の全体像を体系的にまとめている。