東京理科大学・坊っちゃん選書<br> 環境汚染で滅びないために―生物学者の目から見た環境問題

個数:
  • ポイントキャンペーン

東京理科大学・坊っちゃん選書
環境汚染で滅びないために―生物学者の目から見た環境問題

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月04日 15時10分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 135p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784274205910
  • NDC分類 519

内容説明

世の中に氾濫している「環境問題への答」を見ていると、地球規模の話が、突然、家庭の節電や商品の選択の話にすり替わってしまう。こんなことで地球規模の環境破壊を止められるのだろうか。環境汚染が進んでしまう理由は、もっと大きな別な原理が働いているからだ。この本では、この原理をまったく別の観点から考える。現在、世界で行われているすべての環境汚染対策のための政策は、地球の摂理、生物学の原理、時間の概念を完全に無視している。著者は、生物学者の立場から、この環境汚染というものを解説した。

目次

第1章 地球最初の環境汚染物質、それは酸素
第2章 弱肉強食、骨肉の争い
第3章 時間の話と悪魔の誕生、仁義なき戦い
第4章 地獄と極楽、生存競争そして正義
第5章 農耕によって崩れた食物連鎖
第6章 砂漠の緑化は環境問題の解決策か?
第7章 人類が生き延びるための、緊急の環境汚染対策
第8章 過去にあった「大絶滅」の記録
第9章 未来に向けての環境政策

著者紹介

坂口謙吾[サカグチケンゴ]
東京理科大学理工学部応用生物科学科教授。同・ゲノム創薬研究センター教授。理学博士。1944年、三重県生まれ。1967年、北海道大学理学部生物学科卒業。1990年、東京理科大学理工学部に勤務。専門は、高等生物の分子生物学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)