ユビキタス技術 ネットワークロボット―技術と法的問題

個数:
  • ポイントキャンペーン

ユビキタス技術 ネットワークロボット―技術と法的問題

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 15時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 175p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784274204623
  • NDC分類 548.3

目次

序章 ネットワークロボットの諸問題
1章 ネットワークロボットとロボットの違い―ネットワークロボットの定義
2章 ネットワークロボットをつなげる技術―異機種を連携させるためのプラットフォーム技術
3章 ネットワークロボットで環境を認識する技術
4章 ネットワークロボットの仲間たち
5章 ネットワークロボットの実証実験
6章 ネットワークロボットの標準化
7章 人物を認識することの法的問題点―ネットワークカメラシステムの設置運用基準
8章 ネットワークロボット―僕は見てはいけないの?
9章 ネットワークロボット―僕は安全だよ

著者紹介

土井美和子[ドイミワコ]
1979年東京大学大学院修士課程修了。同年東京芝浦電気(株)(現(株)東芝)入社。以来、「ヒューマンインターフェース」を専門分野とし、日本語ワープロ、機械翻訳、電子出版、CG、VR、道案内サービス、ウェアラブルコンピュータ、ネットワークロボットなどの研究開発に従事。2002年博士(工学)。現在、(株)東芝研究開発センター技監、日本学術会議会員、総務省情報通信審議会委員などを務める

萩田紀博[ハギタノリヒロ]
1978年慶應義塾大学大学院修士課程修了。同年日本電信電話公社(現日本電信電話(株)(NTT))入社。以来、文字認識、画像認識、コミュニケーション科学、コミュニケーションロボット、ネットワークロボットなどの研究開発に従事。1986年工学博士。現在、(株)国際電気通信基礎技術研究所(ATR)知能ロボティクス研究所長

小林正啓[コバヤシマサヒロ]
1986年東北大学法学部卒業。1992年第一東京弁護士会登録。1996年大阪弁護士会登録。2000年花水木法律事務所創設。現在、一般民事事件の傍ら、次世代ロボットの安全性の問題と、ネットワークロボットや防犯カメラ・監視カメラとプライバシー権との調整問題に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)