• ポイントキャンペーン

図解 コンクリート構造物の総合診断法―健全度診断・劣化診断

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 149p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784274204401
  • NDC分類 511.79

目次

第1部 健全度診断法(中性化(炭酸化)深さの測定法
圧縮強度・弾性係数および鉄筋位置・かぶりの測定
コンクリートの酸素および塩化物イオンの拡散係数試験方法
セメント硬化体・コンクリート組織の診断法
コンクリート中の高炉スラグ微粉末の検出方法
硬化コンクリート中の塩化物量の測定法)
第2部 劣化診断法(ひび割れの診断方法;アルカリ骨材反応によるコンクリート構造物の劣化診断法;鉄筋腐食によるコンクリートの劣化診断;炭酸化によるコンクリートの劣化診断法;硫酸塩・酸性水によるコンクリートの劣化診断法)

著者紹介

小林一輔[コバヤシカズスケ]
1954年東京大学工学部土木工学科卒業。1954~58年運輸省運輸技術研究所。1958~90年東京大学生産技術研究所。1970年工学博士。1990~2000年千葉工業大学土木工学科。東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

コンクリート構造物を維持するための診断法をわかりやすく解説。