実践 メカトロニクス入門

個数:
  • ポイントキャンペーン

実践 メカトロニクス入門

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 09時50分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 218p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784274202544
  • NDC分類 549

内容説明

本書では、メカトロニクス技術を構成する必須の6要素としてコントロール技術、センサ技術、アクチュエータ技術、インターフェース技術、ソフトウェア技術、ネットワーク技術について着目して、平易に解説している。具体的には、メカトロニクスという言葉はメカニクス(機械工学)とエレクトロニクス(電子工学)とが合体してできた和製英語ですよ。という平易な内容からスタートし、その技術要素、背景、歴史を踏まえ、現場の機械、化学分野の技術者の皆さんに役立つ、即戦力の補助になる実践書を目的に作成されている。

目次

1章 メカトロニクスとは
2章 マイコンはメカトロニクスの立役者
3章 メカトロニクスのハードウェア技術
4章 メカトロニクスのインターフェース技術
5章 メカトロニクスのソフトウェア技術
6章 ロボットとCNC技術

著者紹介

武藤一夫[ムトウカズオ]
1955年福島県に生まれる。1980年労働省所管職業訓練大学校機械科卒業。1982年山梨大学工学部工学研究科大学院精密工学専攻修了。1993年東京農工大学工学部工学研究科大学院博士後期課程機械システム工学専攻修了。工学博士。現在、独立行政法人雇用・能力開発機構職業能力開発総合大学校精密機械システム工学科。兼務、福祉工学科教授。岩手県、栃木県、福島県、茨城各県技術アドバイザー。厚生労働省中央職業能力開発審議会専門調査会委員。経済産業省FAオープン推進協議会オープンコントローラ専門委員会委員。経済産業省FAオープン推進協議会XML実証委員会委員。自動車技術会製造部門委員会委員長。機械振興協会加工データファイル企画委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)